本を知る。本で知る。

山中教授、初の育児本。神戸大の同級生と語る、新しい時代の「子育ての極意」とは

山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る

 ノーベル賞科学者は、子どもの頃どう育てられたのか? わが子をどう育てたのか?

 山中伸弥教授と成田奈緒子医師の共著『山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る』(講談社+α新書)は、「『かしこいけど強い』子どもに育てる方法」を対談形式で届ける1冊。山中教授、初めての育児本。

 おふたりは30年前、神戸大学でともに医学の道を志した同志。本書は懐かしい話がメインで、そこに「憶えておきたい金言・名言」がいくつも出てくるという、ちょっと変わった趣向の育児本である。

成田 「コロナ禍の今、そしてその先にあるアフターコロナの世界で、未来ある子どもたちをどう育むのか。(中略)『自分はどう育てられたか?』『わが子をどう育てたか?』(中略)たくさんの共通点があってとても驚きました」

変わらない山中君

 山中教授=ノーベル賞受賞者のイメージだが、本書に出てくるのは成田医師から見た「山中君」。同級生らしいざっくばらんな雰囲気の中、おふたりが実感として子育てに大切と思うことを語り合う。

成田 「大学時代と何も変わらない山中君がいました。飾り気がなく、関西人らしいユーモアにあふれる人柄は当時と同じだと感じました」

山中 「成田さんがいなければ、僕は大学の医学部を無事に卒業できなかったかもしれない。ラグビーばっかりやっていた僕をいつも気にかけて、まっとうな方向に導いてくれました」

 本書は「第一章 『ほったらかし』が子どもを伸ばす」「第二章 親子で『ええかっこしい』をやめる」「第三章 良い習慣が脳を育てる」「第四章 常識を疑える子どもに育てる」「第五章 レジリエンスを身につけさせる」「第六章 しぶとい子どもは目線が違う」の構成。

 「親が子どもの手を放すことが大事」「早寝早起き朝ごはんがすべての基本」「『脳が育つ順番』を知っておく」「18歳の山中君は何歩か先を見ていた」「子どもの一面だけを見ず反対側からも見てみる」......。

 さまざまな「新しい時代の『子育ての極意』」が出てくるが、山中教授は「レジリエンス=乗り越える力」の話が特に印象に残っているという。

「レジリエンス」を鍛える

 「レジリエンス」とは何か。これは「乗り越え力」と言われ、「自己肯定感」「社会性」「ソーシャルサポート」(周りの人に助けられていることを実感する力、「おかげさま」と思える力)の3つでできているという。

 山中教授は中学卒業からおよそ40年経った頃、柔道部の顧問の先生から教わった。「山中君、レジリエンスっていうのはな、つらい出来事があったとしても、しなやかに対応して生き延びる力のことだ」。

 その頃の先生は病気がずいぶん悪化していて、自分に残された時間を知っていた。そんな中で一生懸命教えてくれたのだった。では、「レジリエンス」をどう鍛えるか? という話になったとき、先生は「僕は感謝だと思う」と言った。

 先生とともに、母親も「レジリエンス」を備えた人だった、と振り返る。山中教授は高校生のとき、教育実習に来ていた大学生に稽古中に投げられ、肘の骨が折れたことがあった。

 その晩、先生からの謝罪の電話を受けた母親は言った。「謝らんとってください。うちの伸弥がちゃんと受け身せえへんかったからやと思いますから。(中略)かえってご迷惑をかけて申し訳ない」。

山中 「うまくいかなかったとき、原因は自分にあるんやで、と教えてもらいましたね。『いいことはおかげさま、悪いことは身から出たサビ』そんな生き方を教えてくれた気がしています」

book_20211101164244.jpg

 ノーベル賞までは望まなくても、「どうすればわが子が山中教授のように育つのか?」を知りたい親御さんは多いだろう。成田医師のスーパーウーマンぶりもすごい。ご本人の経験からくる言葉は、なによりも参考になる。


■山中伸弥さんプロフィール
 1962年大阪市生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(博士)。米国グラッドストーン研究所博士研究員、京都大学再生医科学研究所教授などを経て、2010年4月から京都大学iPS細胞研究所所長。12年ノーベル生理学・医学賞を共同受賞。20年4月から公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団の理事長を兼務。

■成田奈緒子さんプロフィール
 1963年仙台市生まれ。神戸大学医学部卒業、医学博士。米国セントルイスワシントン大学医学部、獨協医科大学、筑波大学基礎医学系を経て2005年より文教大学教育学部特別支援教育専修准教授、09年より同教授。14年より子育て支援事業「子育て科学アクシス」代表。主な著書に『子どもにいいこと大全』、『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』(共著)。


※画像提供:講談社


 
  • 書名 山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る
  • 監修・編集・著者名山中 伸弥、成田 奈緒子 著
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2021年10月20日
  • 定価990円(税込)
  • 判型・ページ数新書判・208ページ
  • ISBN9784065259122

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?