本を知る。本で知る。

もはや「バディ」。相性抜群のカップルに萌えるラブコメ3選

桃色ヘヴン!(1)

 刑事ドラマなどで息の合ったバディを見ると、相性のよさにグッとくる。恋愛関係に発展すれば、トキメキ要素も加わってさらに楽しい。

 そこで今回は、BOOKウォッチ編集部が選ぶ「相性抜群のカップルに萌えるラブコメ漫画」3作品を紹介する。

少し刺激的なハイテンションラブコメ

画像は『桃色ヘヴン!』(講談社)
画像は『桃色ヘヴン!』(講談社)

『桃色ヘヴン!』(吉野マリ 作)
 官能小説家の女子高生・椎名桃子とスーパーモデル・蘭丸の恋愛を描くラブコメ漫画。周囲に隠して官能小説を書いていた桃子だったが、ふとしたことから蘭丸にバレてしまい、それを発端に2人は交流を持ち始める。2人のちょっと刺激的で笑える日常が良い。

女子高生(未成年)が好きになったのは警察官

画像は『PとJK』(講談社)
画像は『PとJK』(講談社)

『PとJK』(三次マキ 作)
 亀梨和也さんと土屋太鳳さん主演で実写映画化された人気少女漫画。年齢を偽って社会人限定の合コンに参加した高校生の歌子は、優しくてイケメンの功太に惹かれる。だが、実は功太は警察官で――という物語。職務中と歌子と過ごしているときの功太のギャップに萌える。

同い年の男子と突然の同居

画像は『カンナとでっち』(講談社)
画像は『カンナとでっち』(講談社)

『カンナとでっち』(餡蜜 作)
 主人公・カンナの家は工務店。ある日、カンナと同い年の見習い大工・勝仁が弟子入りしてくることになり、さらに一緒に住むことに。同い年の男子との同居ラブコメが突然幕を開ける。勝仁が時折見せる真剣なまなざしに心惹かれる。

「Palcy」で全話開放キャンペーン中

 上記で紹介した3作品は、マンガアプリ「Palcy」の10月の全話開放キャンペーンで読むことができる。

画像はキャンペーン対象作品一覧(提供:講談社)
画像はキャンペーン対象作品一覧(提供:講談社)

 『桃色ヘヴン!』は10月7日から、『PとJK』は10月14日から、『カンナとでっち』は10月21日から、それぞれ一週間限定で全話開放される。全話開放中の作品は、無料チケットを使用することで最終話まで読める。

※画像提供:講談社
BOOKウォッチ編集部

 
  • 書名 桃色ヘヴン!(1)
  • 監修・編集・著者名吉野マリ 作
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2007年10月12日
  • 定価本体400円+税
  • 判型・ページ数新書判・192ページ
  • ISBN9784063654752

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?