本を知る。本で知る。

標的にされるのはこんな人! 「職場のバカ」撃退法を「プレジデント」が特集

プレジデント(2021年10月15日号)

 9月24日発売の「プレジデント」(2021年10月15日号)の特集は「悪口を言う人は、なぜ、悪口を言うか?」。「職場のバカ」を撃退する方法や周りに味方が増える法則を披露している。

book_20210928104916.jpg
「プレジデント」(2021年10月15日号)

 スタンフォード大学のロバート・I・サットン教授らの研究成果を披露した「『職場のバカ』撃退法」という巻頭のレポートが興味深い。真面目に働いているのに、なぜ理不尽な仕打ちを受けるのか。

 人は自分と違う存在に嫌悪感を抱きやすいという。標的にされるチェックリスト11はこれだ。

高学歴、メールの返信が早い、お互いの顔を合わせる機会が少ない、職場が忙しすぎる、安請け合いしがち、すぐ顔に出る、服装が派手、容姿が優れている、親切でおとなしい、上司と性格や興味関心が似ていない、上司が同性である

 サットン教授は、波風立てずに嫌がらせに対処するには、「バカな奴からはとにかく逃げろ!」とアドバイスしている。コロナ時代の今こそ、あらゆる手段でバカとソーシャルディスタンスを徹底的に保つことができれば、あなたは自由になれるはずだ。

 「なぜか周りに味方が増える!『ミラクル心理学』20の黄金法則」という特集記事では、職場で一目置かれる、家族仲を取り戻す、金運や金回りが一変するという3つのテーマで、各界のプロが秘伝を伝授している。自然と自分の評判を上げるには、値切ってくる客をあきらめさせるには、専業主婦の妻に気分よく働いてもらうには、親を円滑に老人ホームに入れるには、投資で成功しやすいのは、どんな性格の人か、などの質問に心理学的に回答されている。

8つの性格別「怒りのスイッチ」対処法

 ユング心理学による8つの性格別「怒りのスイッチ」100%回避マニュアルという記事も面白い。人間には思考、感情、感覚、直感という4つの基本機能があり、それぞれ外向型と内向型がある。理屈に合わないと怒り出し一生根に持つ「外向思考タイプ」や、いつもは無口だが独自のルールに固執する「内向思考タイプ」、自分の価値観を否定されるのを極端に嫌う「外向間隔タイプ」など、8つのタイプごとの対処法が書かれている。自分がどのタイプに当てはまるかの判定テストも付いている。

 
  • 書名 プレジデント(2021年10月15日号)
  • 出版社名プレジデント社
  • 出版年月日2021年9月24日
  • 定価780円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

プレジデントの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?