本を知る。本で知る。

小6。夏休み明けに「中学受験したい」と言い始めたら?

なぜか突然、中学受験。

   もうすぐ夏休み。何年も前から中学受験をめざしている子には、いよいよ勝負の季節がやってきた。しかし、小6の夏休みも明けたころ、子どもが「やっぱり受験したい」と言い始めたら、親はどうすればよいのか、途方に暮れてしまう。

book_20210709122239.jpg

   『ツレがうつになりまして。』のツレと細川貂々さんによるコミックエッセイ、『なぜか突然、中学受験。』(創元社)は、そんな「かなり出遅れた」息子の中学受験奮闘記。なんと、合格率0%からの大逆転劇だ。

book_20210709122255.jpg

   細川さんの息子・ちーと君は、学校の勉強は特に好きではなく、ウチでまったりとゲームをするのが好きな男の子。小学6年生になると、周りの友達が中学受験に備えて塾に通いだすように。それでも、「勉強がイヤだから公立でいい」と主張するちーと君。

   しかし、夏休み明けの9月に突然、「オレ受験して私立に行きたい」と言い出す。「えっ今から?」と戸惑う貂々さん。心変わりの理由は、ちーと君が通う予定の公立中学校には、彼が「どうしてもやりたくない」という組体操の授業があることを知ったからだった――。

book_20210709122312.jpg

   最近では4年生くらいから対策するのが当たり前になっている中学受験だが、受験開始まで残り120日...! 突如、家族一丸となっての受験対策が始まる。

偏差値28・合格率0%からの大逆転?!

   初めての模試では偏差値28・合格率0%と絶望的な結果を出してしまったちーと君。絶望的で投げ出したくなっても仕方ないが、諦めずに受験対策を進めていく。果たしてちーと君は、「二月の勝者」になれたのか――?

   本書の目次は以下の通り。

ウチの息子は小学生
息子が6年生になった時
息子と中学受験


◆6年生 2学期

[9月]
息子のこだわり
さて、どうするか
ツレの決意

【ツレコラム:受験のまえに】
受験の前に~パパはハラハラドキドキだ~

受験勉強スタート
息子の学力
少し成長?

[10月]
関ヶ原な息子
ファースト模試
模試の結果
ルールをつくる
たたかい
2回目の模試

[11月]
油断をするな
もう ひとふんばり
立ち止まって考える
リアリティが欲しい
初プレテスト
プレッシャー

[12月]
しわす
がんばれ
トラブル
いろいろ考える


◆6年生 3学期

[1月]
とうとう
じわじわ近づいてくる

[本番]
試験1日目
試験2日目
次に進む
最終ラウンド

【ツレコラム:受験のあとで】
中学受験を終えて

あとがき(細川貂々)

   本書のオビには、「いつでも、子ども自身の思いでする受験は、最強だ!!」とある。子どもに受験させたいけれど、本人は乗り気でなかったり、逆に、子どもは受験したいというけれど、「みんな受験するから自分も」と消極的な動機だったりと、中学受験をさせるべきか否か迷っている親御さんにとって、細川さん一家の体験記は参考になるのではないだろうか。


※画像提供:創元社


 
  • 書名 なぜか突然、中学受験。
  • 監修・編集・著者名細川 貂々 著
  • 出版社名創元社
  • 出版年月日2020年7月10日
  • 定価1,320円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・144ページ
  • ISBN9784422930848

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?