本を知る。本で知る。

「ちょっと様子を見よう」が悲劇の始まり。放っておくと怖い目の症状25

ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25

   目の病気は気が付かないうちに進行することもあり、恐ろしい。一生涯視力を失わないためにはどのような症状に気を付けたらよいのだろうか。また、自分でもできるケアがあるなら知っておきたい。

book_20210705153404.jpg
画像は、『ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25』の表紙(ダイヤモンド社提供)

   2021年7月7日、『ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25』(ダイヤモンド社)が発売予定だ。

book_20210705153434.jpg
画像は、『ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25』より(ダイヤモンド社提供)

   目の病気は、日常のちょっとした違和感でわかることがある。例えば、「運動会でビデオを撮っていて走っている子どもを見失ったのが、実は緑内障の症状だった」など。痛くもかゆくもないのに大きな病気が潜んでいる場合があるので、「ちょっと様子を見よう」と放置しておくことは危険なのだ。

   本書は、東京・錦糸町にある「眼科 かじわら アイ・ケア・クリニック」院長の梶原一人(かじわら・かずと)さんによる書籍で、誤解だらけの目の常識と本当の目のケア法をわかりやすく解説している。

book_20210705153451.jpg
画像は、『ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25』より(ダイヤモンド社提供)

   目立った症状ではないけれど、放っておくと危険な症状のチェックリストが掲載されているので、気になることがあったら早い段階でのセルフチェックが可能だ。「いつも目が乾いている」「リモートワークで長時間、パソコン画面を見続けている」「高血圧だといわれている」などの自覚症状がある人も多いのではないだろうか。

book_20210705153509.jpg
画像は、『ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25』より(ダイヤモンド社提供)

   また、自宅でできるセルフケアも紹介されている。蒸しタオルやツボなど簡単にできる方法ばかりなので、ちょっとした空き時間に行うことができる。

   目の病気は気が付きにくいこともあり、自己流の判断は危険だ。気になる症状があれば病院に行くのがもちろん良いが、意外な症状が目の病気につながっている場合もあるので正しい知識を身につけておきたい。


※画像提供:医療法人社団一義会

 
  • 書名 ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25
  • 監修・編集・著者名梶原一人 著
  • 出版社名ダイヤモンド社
  • 出版年月日2021年7月 7日
  • 定価1.650円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・248ページ
  • ISBN9784478111437

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?