本を知る。本で知る。

「おまえは、女の子と恋はできないだろう」 そんな父の言葉から始まるスクールエッセイ

クラスメイトの女子、全員好きでした

   デビュー作の『死にたい夜にかぎって』がドラマ化されるなど注目を集める、爪切男さんの最新エッセイが発売された。少年時代のクラスメイトの女の子たちとの思い出を綴る、センチメンタルなスクールエッセイだ。

   2021年4月26日、『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)が発売された。

「おまえは、女の子と恋はできないだろう」

   突然、父親から告げられる小学生の爪切男さん。そして、顔や家柄で女を落とすことができないからと、「たくましい心」を持つようにアドバイスをされる。

   そして、爪切男さんは父に問う。みんなが恋をしているときにどうしたらよいのか。

「女の子たちの顔や、話したこと、過ごした時間をずっと覚えとけ。それは、おまえが大きくなったら、ほんまに大切な宝物になる」

   父の回答は「覚えろ」というものだった。以降、爪切男さんは女の子を観察するようになる。

授業中によくゲロを吐く女の子。
毎日鼻くそを食べていた女の子。
フランスからやってきた金髪の転校生。
ウォータークーラーの飲み方が汚いクラスのマドンナ。
私を本気で殺そうとした幼なじみの女の子。

   爪切男さんにとってすべての時代の女の子が素敵な存在となっていく。どの子も、その子だけの輝きと可愛さを持っているのだ。本書は40代となった爪切男さんが覚えたクラスメイトの女の子へ綴る「時を越えたラブレター」集だ。

   本書は、全20篇のエッセイで構成される。優しくそしてほろ苦く描かれたクラスメイトとのやり取りは、読むあなたのクラスメイトとの日々を思い出させるに違いない。

20210423_クラスメイトの女子、全員好きでした2.jpg
画像は著者の爪切男さん。撮影/江森丈晃(集英社提供)

   また、本書の刊行にあわせて4月29日には、著者の爪切男さんとテレビディレクターの上出遼平によるオンラインイベントが実施される(詳細は青山ブックセンター公式サイト)。気になる方は要チェックだ。

   自分の学校生活に思いを馳せながら、読んでみてはいかがだろうか。


※画像提供:集英社

 
  • 書名 クラスメイトの女子、全員好きでした
  • 監修・編集・著者名爪 切男 著
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2021年4月26日
  • 定価1,210円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・224ページ
  • ISBN9784087880564

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?