読むべき本、見逃していない?

「山肌」がきれい。正確には「山」と「肌」がきれいな写真展

 写真家であり、小説家でもある藤代冥砂さんの写真展が開かれている。

 写真展の名前は「山と肌」。藤代さんの作風から、単なる山岳写真展ではないだろうと思ったが、開催案内を見て納得した。

写真は、藤代冥砂写真集『山と肌』(玄光社)の表紙(写真提供:合同会社三三◯)

 写真展「山と肌」は、山を愛する人、ヌードを愛する人、その両者をひきつける催しだ。

写真は、藤代さんの作品の一部(写真提供:合同会社三三◯)

 

 写真展に寄せた藤代さんの言葉は次の通り。

【写真展ステートメントより】

「写真撮りのバラッド

嗚呼、 写すことは難しいことじゃない
ただ目の前に身をまかせ
頭の中を空っぽにするだけ

嗚呼、 目を開ければ胸の中に写る
輝かしい光景やあなたとの毎日」

こんな替え歌を口ずさみながら、
頭の中を空っぽにして生きていたら、
僕は山を歩き
女の人を裸にすることが
好きになっていた。

どうか空っぽになって見ていただきたい。 僕は空っぽの容器と人生を愛しているのである。
好きなことを並べるだけの手つきを信じているのである。

藤代冥砂

 次の3枚の写真は、公開された藤代さんの作品の一部。




 写真展「山と肌」は、Nine Gallery(東京都港区北青山 2-10-22 谷・荒井ビル 1F)で12 月13 日(日)まで開催(月曜休廊)、時間は10:00~19:00(最終日17時まで)。

 なお、同名の写真集『山と肌』(玄光社)も発売されているので、ギャラリーに行けない方は、写真集で藤代さんの世界を味わってみてはいかがだろうか。



オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

写真集の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?