本を知る。本で知る。

暮らし上手さんに学ぶ、狭くても快適な自宅の仕事場づくり

 自宅勤務やリモートワークに慣れてくると、「もっと快適でおしゃれな空間にしたい」とか「仕事とプライベートを分けたい」という欲が出てくる。

 暮らし上手な人はどうしているの? という疑問にこたえてくれるのが、書籍『自宅オフィスのととのえ方』(主婦の友社)。参考にしたいお宅を50軒取材し、インタリアのアイデアをまとめている。2020年8月3日に発売後、すぐに重版が決定するほどの人気ぶりだ。

『自宅オフィスのととのえ方』(主婦の友社)
画像は、『自宅オフィスのととのえ方』(主婦の友社)

 家族が出入りするLDKでは、背の高いオープン棚でリビングを仕切って、子どもたちにも目配りしながら集中して働けるようにした事例や、つっぱり棒でカーテンをとりつけ、プライベートと瞬時に切り分けられる工夫をした事例などが紹介されている。以下の3枚の画像は、『自宅オフィスのととのえ方』(主婦の友社)より。


 ほかにも、ワンルームや1Kなどの狭い空間でもデスクの形や置き方ひとつで、快適に仕事スペースへとチェンジできる方法や、押し入れやクローゼットを使う斬新なアイデアまで、さまざまなパターンがある。

あえて大型のL字デスクを部屋の中心におく
あえて大型のL字デスクを部屋の中心におく
jitakuofficesub6 (2).jpg
1Kの間取りでも工夫次第で快適に

クローゼットや収納を活用
クローゼットや収納を活用


 敷地や予算に余裕があれば、屋外にテントを張って仕事場を作ったり、家のあちらこちらに小さなデスクと椅子を置いたり、自宅だからアレンジは自由にできる。

自宅だからアレンジは自由
自宅だからアレンジは自由

 紹介したお宅で使われている机や椅子のブランド、机周りのアイテム情報なども充実。

 さらに、リモートミーティングのコツや自宅仕事に癒やしを与えるグリーンインテリアの選び方やつくり方、集中力をあげるアロマの使い方といった、リモート時代の新しい働き方をサポートするヒントも豊富だ。

 機能的かつ、おしゃれさと快適さもそなえた50宅50様の「自宅オフィス」づくり。本書をヒントに自宅のワーキングスペースを整えれば、これまで以上に仕事がはかどるかもしれない。


※画像提供:主婦の友社

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?