読むべき本、見逃していない?

デンマークに「名作椅子」が多いワケ

 なぜデンマークから数々の「名作椅子」が生まれたのか? デザイナーの宝庫・デンマーク家具のデザイン史を紹介する『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』(誠文堂新光社)が2019年10月3日に発売される。

 デンマーク家具のデザインについて、前史、萌芽期(1910~30年代)、黄金期(40~60年代)、衰退期(70~90年代中頃)、再評価期(90年代中頃以降)を経て、現代に至るまでの変遷をわかりやすく紹介した一冊だ。

 著者の多田羅景太(たたら・けいた)さんは京都工芸繊維大学デザイン・建築学系助教。デンマークに留学経験がある。現在活躍中のデンマークのデザイナーへのインタビューを通じて、デンマーク家具デザインの最新情報も紹介している。

den1.jpg
写真は『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』(誠文堂新光社)
den2.jpg
写真は『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』より

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?