読むべき本、見逃していない?

強くて優しくてカッコイイ、そして育メン パーフェクトな夫がいた!

「近年、ヒエラルキーが顕著なサル社会化も指摘されている私たち人間が、学べることはたくさんあるのでは――」

 これは、廣済堂出版から2020年8月6日に発売されたムック「ゴリラのすべて」の編集担当者の言葉だ。

画像は、「ゴリラのすべて」(廣済堂出版)
画像は、「ゴリラのすべて」(廣済堂出版)

 「ゴリラのすべて」(廣済堂出版)では、日本国内にいる20頭すべての性格やエピソードが、飼育員のコメントつきで紹介されている。

 ゴリラの体のつくり、身体能力、コミュニケーションの方法、大人のオス(シルバーバック)のリーダーシップなどの解説は、霊長類学者の山極寿一氏(京都大学総長)が監修した。ゴリラの家族は、体の大きさも、食べる量も、動く速度も違うのに、お互いが気を使いながら一緒に行動し、トラブルが生じれば、必ず誰かが仲裁に入り仲直りをするそうだ。私たちにとても近いように思える。

人気イケメンゴリラのシャバーニ(東山動植物園)撮影:南幅 俊輔
人気イケメンゴリラのシャバーニ(東山動植物園)撮影:南幅 俊輔

 おそらく、日本にいるゴリラの中で最も有名なのは、東山動植物園(名古屋市)にいるシャバーニだ。人間から見てもイケメンでカッコイイと話題になり、2015年にはオフィシャル写真集、その翌年には絵本も出版されたほどの人気ぶり。しかも、子育て上手な"育メン"としても知られていて、女性ファンが後を絶たない。

父シャバーニに抗議するキヨマサ(7歳)撮影:南幅 俊輔
父シャバーニに抗議するキヨマサ(7歳)撮影:南幅 俊輔

 本書のグラビアではシャバーニの姿がたっぷりと楽しめるほか、京都市動物園にいる1歳のキンタロウの愛らしいショットなどもある。

可愛い盛りのキンタロウ(京都動物園、1歳)撮影:南幅 俊輔
可愛い盛りのキンタロウ(京都動物園、1歳)撮影:南幅 俊輔

 強くて優しくてカッコイイ、そして育メン、言うことなしの夫モデルが動物園にいたとは! ゴリラを見るのが何倍も楽しくなる一冊。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?