読むべき本、見逃していない?

新しい趣味にいかが? 作りたくなる「マクラメ」の小物たち

 「マクラメ編み」をご存じだろうか。ひもを結んでアクセサリーやインテリア小物などを作る手法だ。1970年代に流行したので懐かしいと思う人もいるだろう。それが今、再び注目されているようだ。

『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)
画像は、『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)

 2020年8月12日に、『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)が発売される。以前に挑戦したけど、ビギナー向けの本でもよくわからず、それ以上先に進めなかった......という人や、初めての人に向けた、新しいマクラメのテキストブックだ。

202008makurame_sub3.jpg
画像は、『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)より。ライトシェード(右)とスノー&スターモチーフ(左)

 本書では、マクラメで一番初歩的な「平結び」を取り上げている。この結び方だけでも間隔の空け方やねじり方の違いで、いろいろなパターンが作れる。

画像は、『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)より
画像は、『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)より

 マクラメに向く糸の選び方をはじめ、あると便利な道具、カセ(ねじった形状の糸)のほどき方、糸の取り付け方、糸の切り寸法の計算の仕方など、基礎知識もきっちりと紹介されている。

画像は、『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)より
画像は、『きほんの平結びでマクラメが上手になる』(誠文堂新光社)より

 著者は、ハンドメイド・クリエイターの蔭山はるみさん。自らマクラメ作品づくりを経験し、そのときに感じた疑問や不足部分を取り上げ、解説することで、先に進めなかったと言う人の「なぜ?」にも答える。

 ブレスレット、コースター、スノー&スターモチーフ、ライトシェード、バッグ、コスメポーチ、きんちゃくなどが作れる。この夏始める新しい趣味の一つにいかがだろう。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?