読むべき本、見逃していない?

読破できる堅苦しくない名作シリーズ 新刊のテーマは「ワクワクの連続!」

「名作」とは何か。人によって定義は異なるだろうが、子どもの頃に読んで今もなお印象に残っている物語というのは、「名作」と言えるのではないだろうか。

画像は、『10歳までに読みたい世界名作 長くつ下のピッピ』(左)『10歳までに読みたい世界名作 ロスト・ワールド 恐竜の世界』(右)(いずれも学研プラス)
画像は、『10歳までに読みたい世界名作 長くつ下のピッピ』(左)『10歳までに読みたい世界名作 ロスト・ワールド 恐竜の世界』(右)(いずれも学研プラス)

 学研プラスから発売されている「10歳までに読みたい名作」シリーズに『長くつ下のピッピ』と『ロスト・ワールド 恐竜の世界』の2冊が加わった。本シリーズは、親しみやすい文章、アニメカラーイラスト、丁寧な図解ページが好評を呼び、累計190万部を突破している人気シリーズだ。

 今回の新刊のテーマは、「ワクワクの連続!」。世界でいちばん力持ち、元気で自由な女の子「ピッピ」のワクワクする毎日を描いた『長くつ下のピッピ』。恐竜たちが今も生きる世界で大冒険をくり広げる『ロスト・ワールド 恐竜の世界』。どちらも、読みながら本の世界にのめり込みワクワクする興奮と感動を味わえる。

画像は、『10歳までに読みたい世界名作 長くつ下のピッピ』(学研プラス)より
画像は、『10歳までに読みたい世界名作 長くつ下のピッピ』(学研プラス)より

 ベテランの作家陣が原作の魅力を活かしつつ、現代の子どもが楽しめるように翻訳しているため、楽しみながら「名作を読破できた!」という達成感を得られ、読書への自信がつきやすい。また注釈が豊富なため、読者の理解を助けてくれる。

画像は、『10歳までに読みたい世界名作 ロスト・ワールド 恐竜の世界』より(学研プラス)
画像は、『10歳までに読みたい世界名作 ロスト・ワールド 恐竜の世界』より(学研プラス)

 たくさんのカラーイラストも、物語に集中できる後押しに。そして巻頭には、登場人物や時代背景がわかる図解ページ「物語ナビ」が設けられている。作品の舞台などがビジュアルでわかり、名作の世界へスムーズに入れるのではないだろうか。

画像は、『10歳までに読みたい世界名作 長くつ下のピッピ』(学研プラス)より。早く本編を読みたくなるような、カラフルな図解
画像は、『10歳までに読みたい世界名作 長くつ下のピッピ』(学研プラス)より。早く本編を読みたくなるような、カラフルな図解

 さらに、物語の中で活躍する登場人物がカラーで紹介されており、興味をいっそうかきたてられる。

画像は、『10歳までに読みたい世界名作 ロスト・ワールド 恐竜の世界』より(学研プラス)。物語ナビでスムーズに本の世界へ入り込める
画像は、『10歳までに読みたい世界名作 ロスト・ワールド 恐竜の世界』より(学研プラス)。物語ナビでスムーズに本の世界へ入り込める

 流行の作品だけでなく、時代を超えて語り継がれる名作も読んでほしい。そんな親心に応えながら、「名作を読破した」という自信を子どもたちに与えてくれる点で、人気ぶりに納得のいく名シリーズである。


 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?