読むべき本、見逃していない?

こんなに近くていいの?田中みな実の毛穴レス肌がうらやましい「読むボディケア」

 いまやフリーアナウンサーというよりも、世の女性たちから美のお手本として羨望と圧倒的な支持を集めるスペシャリストというイメージが強くなった田中みな実さん。ファッション誌「GINGER」2020年7・8月合併号の表紙に登場し、写真集以来という大胆なVラインの水着姿を披露している。

GINGER0708_main.jpg
画像は、「GINGER」2020年7・8月合併号(幻冬舎)

 誌面では、「心とからだはつながっている」として、20代からの体型の変化、筋トレとの出合い、太らない食事法、そしてメンタルケアなどを語っている。"みな実流・読むボディケア"だ。

GINGER0708_sub01.jpg
画像は、「GINGER」2020年7・8月合併号(幻冬舎)の別冊付録

 さらに、「GINGER」で毎月つづっている連載エッセイ"ここだけ話"のスペシャル版が別冊付録になっている。表紙は「こんなに近くていいの?」と思うほどのショット。それでも、透明感のある肌はさすがだ。

 36ページのボリュームで、コロナ禍で彼女が感じたこと、これからをどう生きるかのメッセージが書かれている。喜怒哀楽すべての表情が収められた50カット近い撮り下ろしのビジュアルも掲載されていて、みな実ファンならずとも必見だ。

 メイン特集は「LOVE MY BODY~The(ハート)からだフェチ」と題し、サイズやシルエットに一喜一憂するのではなく、今の自分をポジティブに受け入れ、いたわり、自分の心とからだに向きあうことをテーマにしている。長谷川京子さん、マギーさん、高岡早紀さんといった、美ボディぞろいの圧巻のビジュアルは見逃せない。

 そのほか、「アン ミカ式 からだの磨き方」や「からだを美しく魅せる『透け服』」、「自分史上最高に細く! 夏のやせ見え詐欺コーデ」、「みんなの『アンダーヘア』事情」など、これからの時期に参考にしたい情報が満載だ。

 ただ体重を落とすだけではなく、バランスのよいボディが魅力的なことを、多くの女性たちは知っている。効率よく美ボディをめざすヒントを「GINGER」2020年7・8月合併号から見出したい。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?