読むべき本、見逃していない?

自家製冷凍食品で朝食やお弁当づくりがラクになる! しかも糖質オフ

 糖質の少ない料理を小分けに冷凍しておくことで、毎日の食事やお弁当づくりがもっと楽になるアイデアが1冊の本になった。

20200327reitou_main.jpg
写真は、『糖質オフの冷凍作りおき弁当』(主婦の友社)

 『糖質オフの冷凍作りおき弁当』(主婦の友社)には、1食分ずつ小分けにした"自家製の冷凍食品"を活用するお弁当レシピが紹介されている。

20200327reitou_sub1.jpg
写真は、『糖質オフの冷凍作りおき弁当』(主婦の友社)より
20200327reitou_sub3.jpg
写真は、『糖質オフの冷凍作りおき弁当』(主婦の友社)より

 小分けにして冷凍するおかずは、チーズハンバーグや、レモンバターチキン、豚肉のしそ&チーズ巻きフライ、枝豆とベーコンの卵焼き、ほうれん草ときのこのソテー、赤パプリカのビネガー焼き、大豆とツナのトマト煮など、主菜、副菜のバリエーションが豊富。

20200327reitou_sub4.jpg
写真は、Wチーズハンバーグ弁当。『糖質オフの冷凍作りおき弁当』(主婦の友社)より

 食べるときは電子レンジやオーブントースターで温めるか、そのままお弁当箱に詰めて自然解凍する。「冷凍作りおき」の最大のメリットは、長期保存が可能なこと。約1か月は保存ができる。

 本書には、小分け冷凍おかず用に使った保存容器の紹介や、冷凍保存に向かない食材の例も紹介されている。たとえば、こんにゃく、豆腐、きゅうり、ゆで卵、もやし、ジャガイモ、赤キャベツなどは食感や見た目が悪くなる。

20200327reitou_sub5.jpg
写真は、ガパオ弁当。『糖質オフの冷凍作りおき弁当』(主婦の友社)より

 1食分ずつ小分けにすることで量の調整がしやすく、食べ過ぎの防止にもなる。お弁当だけでなく、忙しい日の夜ごはんや一口おつまみとしても役立つアイデア。いざというとき焦らないためにも時間に余裕があるときに作り置きをして備えておくといいかもしれない。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?