読むべき本、見逃していない?

3時間で10品つくる、伝説の家政婦「志麻さん」がうちに来た!

 短時間でもおいしい料理をどっさり作ってくれる「予約の取れない伝説の家政婦」として注目を集めたタサン志麻さんのレシピ本『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た!』が世界⽂化社から発売された。

20200325_main.jpg
写真は、『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た!』(世界⽂化社)

 志麻さんは、大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校卒業し、フランスの三ツ星レストランや、日本の老舗フレンチレストランなどで働いてきた。2015年にフリーランスの家政婦として独立すると、質の高い料理が評判となった。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演したこともある。フランス人の夫と2人の息子との4人暮らしをしている。

20200325_sub1.jpg
写真は、『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た!』(世界⽂化社)より

 本書は、志麻さんが赤ちゃんから中学生までの子どもを持つワーキングマザーの6家庭を訪ねて作った全61品の料理を紹介している。各家庭での調理時間は3時間。

 ただ手早く作るだけでなく、「帰ったらすぐに食べたい」「野菜をたくさん食べさせたい」「年の離れたきょうだいの食事を効率よく作りたい」「翌日のお弁当のおかずにもなる夕食を」など、ママたちのリクエストにも志麻さんはこたえている。

 また、訪問先でママたちから聞かれたお悩みにこたえるシーンも収録。以下は、お悩み解決の一例。

Q「教えて志麻さん!」
仕事帰りに、買い物に取られる時間をできるだけ省きたい!(N・Mさん 46歳)
A「大丈夫!」
日持ちする野菜や缶詰など、家に常備できる材料を軸にレシピを覚えましょう。冷蔵庫にある肉をサッと焼いて鍋でコトコトほったらかし! ボリューム煮込み「フランクフルトのミックスビーンズ添え」や「鶏むね肉のきのこクリームソース」などはどうでしょう。  

20200325_sub2.jpg
写真は、『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た!』(世界⽂化社)より。左は、鶏むね肉のきのこクリーム。右はフランクフルトのミックスビーンズ添え

 こんなにも手早く多様な料理が作れるのは、長年フランス料理を学び、フランス家庭料理の智恵を生かしているからなのだそう。志麻さん流のノウハウがつまった一冊。

●目次
・頑張らなくていい フランス家庭料理から学んだこと
・志麻さんのスペシャルメッセージ
PART1  帰ったらすぐに食べたい! 大皿料理10
PART2  好き嫌いなく食べられる! 栄養満点ごはん11
PRAT3  赤ちゃんとママの取り分けごはん10
PART4 はらぺこ3きょうだいの大満足ごはん10
PART5 夜9時からの体が喜ぶヘルシーごはん10
PART6 お弁当のおかずにも大活躍! 段取り上手の楽々ごはん10
・おいしさを保つ冷凍保存の方法


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?