読むべき本、見逃していない?

3月8日はさばの日、缶づめレシピはいかが?

 3月8日は語呂合わせで「さばの日」とされている。さばには、ダイエットや健康づくりに役立つEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれていることが知られていて、当然さばの缶詰にも含まれている。

600_20200305101227746_0003.JPG
「ヤセるホルモンがふえる!さば缶ダイエット」(主婦と生活社)

 さば缶を1缶まるごと使い切るレシピ集「ヤセるホルモンがふえる!さば缶ダイエット」(主婦と生活社)には、「缶の汁まで使い切る」「開けたらすぐ食べる」などのさば缶の正しい食べ方をはじめ、和・洋にアレンジしたおかず、手早くできるおつまみ、缶汁を使い切るアイデアなどが紹介されている。

 以下の2枚の写真は、「ヤセるホルモンがふえる!さば缶ダイエット」(主婦と生活社)より

20200306114531454_0001.jpg
20200306114531454_0002.jpg

 和のレシピには、肉の変わりにさば缶を使う「さばじゃが」や、山形県の郷土料理から着想を得た「ひっぱり風さばつけうどん」がある。「ひっぱり風さばつけうどん」はつけ汁にさば缶を使う。2人前で、さばの水煮缶1つ、納豆1パック、ストレートのめんつゆ大さじ2、溶き卵1個分を入れて混ぜる。細かく切った柴漬けや万能ねぎを盛って、さばの身をくずしてうどんにからめながら食べる。

20200306114531454_0003.jpg
写真は「ヤセるホルモンがふえる!さば缶ダイエット」(主婦と生活社)より

 さば缶はカレーやミネストローネ、トーストなど洋風料理にも合う。著者の黒瀬佐紀子さんは、フードスタイリストで缶づめ料理研究家。ほかの著書に『缶つま』(世界文化社)、『缶詰食堂』(文化出版局)などがある。

 朝、昼、晩、いつでも手軽に楽しめるさば缶レシピ。さばの日の献立にいかがだろうか。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?