本を知る。本で知る。

「アサヒカメラ」2月号が「撮り鉄」マナーを問題提起

 「阿呆連中」「言葉が通じない」......鉄道ファンなら誰でも知っている人気のローカル線、千葉のいすみ鉄道の社長だった鳥塚亮さんが、ブログでマナーの悪い「撮り鉄」を痛烈に批判し、ネットで「炎上」したのは2018年のこと。

 「アサヒカメラ」2020年2月号では、 そんな鳥塚さんを迎えて、 鉄道写真家の櫻井寛さんと、 「撮り鉄」のマナーに関して、 激論を闘わせている。

camera2.jpg
写真は「撮り鉄」マナーの対談ページ(「アサヒカメラ」2020年2月号)

 現在、えちごトキめき鉄道の社長を務める鳥塚さんは、当時の真意をこう振り返る。

 「一部のマナー違反者のために、 撮影現場で罵声が飛び交ってしまう状況になってしまっていたことに強い危機感がありました。(中略)現場がずっと荒れ続けているのは鉄道会社の社長として絶対に改善しなければいけないと思って、あのブログを書きました」

 一方、 プロの「撮り鉄」である櫻井さんも、「危険な線路の側溝から撮ると言ってかたくなに居座り続けて捕まった人、レールの真ん中にビデオカメラを入れて通過する列車を真下から取ろうとする人......」「マナーの悪い鉄道ファンには迷惑をしている」と率直な思いを明かしている。

 こうした現状を打開する方策はあるのか、そして、撮られる側の鉄道会社と、撮る側の写真家、そこに歩み寄りの余地はあるのか。

 2人の熱い議論を、独自アンケートによって判明した、「撮り鉄」たちのマナー違反やトラブル、改善のための意見とともに、紹介している。

 さらに「撮り鉄」の極みへ、と題し、全63ページにわたって、鉄道写真を楽しむための総力特集を展開。

 撮ってもおいしい国内外の観光列車から、いまなお炭鉱で働く現役の蒸気機関車までを紹介するとともに、新幹線撮影のとっておきスポットを探すコツ、江ノ電などの身近な鉄道を撮影する意外なおもしろさと奥深さ、そして、ミラーレス一眼で鉄道写真撮影はできるのかの検証などを取り上げている。

camera3.jpg
写真は「『撮り鉄』の極みへ」特集ページ

 また、特別付録「『鉄』の流儀」で32ページにわたって、鉄道写真家の櫻井寛、小竹直人、高屋力、矢野直美、山下大祐の5氏の写真と流儀も紹介。「撮り鉄」ならずとも、鉄道ファンには見逃せない一冊になっている。

camera1.jpg
写真は「アサヒカメラ」2020年2月号(朝日新聞出版)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?