読むべき本、見逃していない?

「池上本」で 学研プラスと朝日小学生新聞がコラボ。1月6日から連載開始。

 学研プラスは2020年3月、ジャーナリストの池上彰さん監修で単行本『なぜ僕らは働くのか』の刊行を予定している。その一部が、20年1月6日から朝日小学生新聞で連載されることになった。教育業界の老舗同士がコラボする珍しい試みだ。

main.jpg
写真は、『なぜ僕らは働くのか』(学研プラス)の表紙(案)

 朝日小学生新聞は、ニュースを子ども向けにわかりやすく解説するとともに、進路選択に役立つ情報も積極的に取り上げている。『なぜ僕らは働くのか』は、学研プラスが刊行に向けての取り組みをサイトで告知していることもあり、朝日小学生新聞編集部の目にとまった。同紙での記事のタイトルは「はたらきまっぷ」となる予定。両社は今後も協力の可能性を探りたいとしている。

 池上さんはNHK時代「週刊こどもニュース」で人気になった。

sub4.jpg
収録内容の一部。『なぜ僕らは働くのか』(学研プラス)より。

 なお、本書は前掲の写真以外に表紙案が2つあり、合計3つの案がある。どの表紙になるかはまだわからない。表紙に関するアンケートが2019年の年末まで実施されており、今後、結果が明らかになる。

sub2.jpg
写真は、『なぜ僕らは働くのか』(学研プラス)の表紙(案)

sub3.jpg
写真は、『なぜ僕らは働くのか』(学研プラス)の表紙(案)

 はたして、3月にはどの表紙が店頭に並ぶのだろうか。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

トピックスの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?