読むべき本、見逃していない?

『世界一ゆるい聖書教室』

 ローマ教皇の来日などでキリスト教への関心が高まっている。発売中の本書『上馬キリスト教会ツイッター部の世界一ゆるい聖書教室』(講談社)は、東京・世田谷区の上馬キリスト教会ツイッター部が聖書について、ゆる~く発信した聖書読本。

seisyo1.jpg
seisyo1.jpg

 聖書のストーリーは巨大な織物のようなもの。神様という不動の縦糸あって、そこに横糸の人間が織りあわされることで、色彩豊かな世界が成立しているという。そうした見方をベースに、多彩な登場人物にスポットを当て、分かりやすく解説している。

 「聖書いろいろナンバーワン」として以下のような人が取り上げられている。

 ・「ナイスガイ」ナンバーワン→エサウ
 ・「ズルい人」ナンバーワン→ヤコブ
 ・「ヒーロー」ナンバーワン→ヨセフ(旧約)
 ・「マッチョな人」ナンバーワン→サムソン
 ・「頭のいい人」ナンバーワン→ソロモン

 同教会では昨年、すでに『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』(講談社)を出版している。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?