読むべき本、見逃していない?

「まだまだ結婚する気がない彼」に悩んでいる人へ

わたし、いつ結婚できるんだろう?

 新型コロナウイルスによる影響は計り知れない。先の見えない不安、行動が制限されるストレスもある。ただ、こうした非常時をきっかけに、自分の人生で大切なものは何かを考えるようになった、という人も多いのではないだろうか。

 今回はその「大切なもの」が「結婚」という女性に向けた一冊を紹介したい。漫画原作者・恋愛小説家の市川しんすさんによる本書『わたし、いつ結婚できるんだろう? ――男性が決心してくれる8のきっかけ』(祥伝社黄金文庫)だ。「『どうして彼は、結婚を言い出さないの......』と悩んでいるあなたの『灯りと知恵』になります!」とある。

 「結婚」をテーマにした本は、結婚に対して消極的か積極的か、著者の立場がはっきり分かれることが多い。本書の著者は6年間付き合った彼と2008年に結婚し、現在も幸せな結婚生活を送っているという。そのため、本書は完全に後者の立場。結婚願望のある女性が結婚をつかみとるための「超実践的かつキュートな婚活エッセイ」となっている。葉月かなえさんの描き下ろしショートストーリー「タカラノチズ」も収録。

女友達への相談は「危険な行為」

 「結婚したいという気持ちがあれば、結婚できないはずがないのです」

 著者の市川しんすさんは、大学生の時に漫画原作者としてデビュー。以後、男女の恋愛をテーマにした作品を執筆している。1000人以上の男女への取材経験から、男女の思考の違いを知り理解することが、幸せな結婚に結びつくことを発見。本書では、結婚に踏み切れない男性の心理を徹底分析し、幸せな結婚の極意を解いている。

 著者は今でこそ「大好きな旦那様とかわいい子供と、幸せな日々を送っている」が、数年前は人一倍結婚願望が強いのにさっぱりうまくいかず、ため息ばかりの日々だったという。そんな時は女友達に相談してアドバイスをもらいたくなるものだが、著者はそれを「かなり危険な行為」としている。

 「結婚したいあなたが知らなくてはならないのは、男性の意見であって女性の意見ではないのです」

 取材を通して「男性と女性の結婚に対する考え方ってすごく違うんだ。......女友達のアドバイスってあんまり意味がないってことじゃない!」と気づき、行動を変えてみたところ、あっという間に現在の夫からプロポーズされたという。そんな著者の実体験を踏まえ、本書には「これまでにたくさんの取材をおこなったからこそ知ることのできた男性の意見や本音を、ぎっしりと詰め込みました」としている。


『わたし、いつ結婚できるんだろう? ――男性が決心してくれる8のきっかけ』(祥伝社黄金文庫)
写真は、『わたし、いつ結婚できるんだろう? ――男性が決心してくれる8のきっかけ』(祥伝社黄金文庫)

あなたの彼はどのタイプ?

 本書は「Section1 男性にとってあなたは、結婚したい女性?」「Section2 その彼と結婚するの、危険じゃない?」「Section3 まだまだ結婚する気がなさそうな彼、実はコロッと落とせます」「Section4 私はこうして彼との結婚をつかみました! リアル実例8」「Section5 結婚後もHAPPYでいつづけるために今すぐできること」の構成。

 ここでは、サブタイトルの「男性が決心してくれる8のきっかけ」が書かれているSection3にふれておこう。まだまだ結婚したくない男性を以下の8つのタイプに分類。「どんな特徴があるの?」「○○タイプのハートを結婚に動かすには?」「具体的な行動の仕方は?」の順に、各タイプの特徴・攻略法を解説している。まず彼のタイプをチェックして、各タイプの効果的なアクションをとりたい。

■1 現状満足タイプ
   現段階では人生における悩みがほとんどない。

■2 人生計画きっちりタイプ
   エリートと呼ばれる人達によく見られる。

■3 自分なんてまだまだタイプ
   十分な地位と収入があるにもかかわらず、謙虚過ぎる。

■4 遊びに夢中なタイプ
   アウトドア派。好きなことに割く時間を誰にも邪魔されたくない。

■5 自分空間大好きタイプ
   インドア派。自分の世界観を崩されることを非常に嫌う。

■6 超草食系男子タイプ
   かなりのシャイで、基本は受け身。

■7 みんなにモテモテタイプ
   モテることを自覚している上に、勘もいい。

■8 経済的不安タイプ
   真面目で仕事も一生懸命だが、給料が少ない。

 例えば「人生計画きっちりタイプ」には、不測の事態を経験した著名人の記事が載った雑誌を購入して「何気なく置いておく」ことで「人生は計画的にいかないことがあるものだということを示す」。「経済的不安タイプ」には、節約レシピを振る舞い、「すごく安いの」と言うだけでなく「必ず数字を出す」ことで「とにかく節約術を見せる」など、やろうと思えば今すぐできるアクションばかりだ。

「結婚はスタートです」

 まだまだ結婚したくない8つのタイプは、そのまま女性にもあてはまるだろう。BOOKウォッチでは『結婚してもしなくても うるわしきかな人生』(ベストセラーズ)なども紹介済みだが、結婚に対する女性の価値観は多様化している。

 本書は「結婚することは幼い頃からの『憧れ』であり『夢』であり『目標』でした」という著者が「結婚をしたいと思っている全ての女性の役に立つ本にしたい」という想いで書いたもの。結婚をつかみとろうと意気込んでいる人に「大丈夫です。きっとうまくいきます!」とエールを送る。同時に「ただし、頑張り方を間違えないでください」とひと言。

 「どうか、忘れないでください。『結婚』は相手あってこそのものだということを」
 「『結婚』は決してゴールではありません、スタートです。......毎日毎日、発見の連続です。ちょっとした価値観の違いなどの驚くことは、いまだ続いています」

 結婚式延期・中止や「コロナ離婚」のニュースを最近よく耳にする。この時期、人生の重大な選択の一つである結婚とその相手について今一度じっくり考えたい人に、本書はヒントをくれるだろう。


『わたし、いつ結婚できるんだろう? ――男性が決心してくれる8のきっかけ』(祥伝社黄金文庫)
写真は、『わたし、いつ結婚できるんだろう? ――男性が決心してくれる8のきっかけ』(祥伝社黄金文庫)

  • 書名 わたし、いつ結婚できるんだろう?
  • サブタイトル男性が決心してくれる8のきっかけ
  • 監修・編集・著者名市川 しんす 著、葉月 かなえ コミック
  • 出版社名株式会社祥伝社
  • 出版年月日2019年3月20日
  • 定価本体700円+税
  • 判型・ページ数文庫判・248ページ
  • ISBN9784396317515

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?