読むべき本、見逃していない?

大坂なおみだけじゃない、父が外国人の日本選手が増えている

国境をこえるスポーツ

 全米オープンで大坂なおみ選手が優勝したことは、テニスにとどまらず、日本のスポーツ界で近年まれにみる快挙だった。父親がハイチ出身。国際的に大活躍する新しいタイプの日本選手、ということでも注目を集めた。

 本書『スポーツでひろげる国際理解〈3〉国境をこえるスポーツ』(文溪堂)は、小中学生向けに、こうしたスポーツの世界の国際化をわかりやすく伝えるものだ。監修は元サッカー選手でスポーツジャーナリストの中西哲生さん。

高梨沙羅選手のカバンはなぜ重い

 第一章は「世界を舞台に戦う」。プロ野球の大リーグ挑戦者、海外チームを目指すサッカー選手などのほか、ハンドボール、バレーボール、ラグビー、バスケット、アイスホッケー、自転車などの選手が紹介されている。世界を転戦する日本人選手の代表としてスキーの高梨沙羅選手が取り上げられ、大検に合格し、飛び級で日体大に入ったこと、勉強とスポーツの両立を心掛け、教科書、参考書持参で転戦しているので、「沙羅のカバンは重い」といわれること、スナック菓子と炭酸飲料は禁止していることなどを、子どもの読者にもわかりやすく説明している。

 「世界でスポーツを学ぶ」の章では、スポーツ留学のことが詳しく解説されている。最近のスポーツ留学事情の報告もあるので、国際舞台を夢見る少年少女には参考になるだろう。「外国人コーチに学ぶ」の実例では、マイケル・チャンとの出会いでステップアップした錦織圭、フィギュアスケートの荒川静香、羽生結弦選手などに触れられている。「ライバル国で強化をはかる」でも多数の有名選手が登場する。

陸上競技では珍しくない

 本書は、「スポーツでひろげる国際理解」というシリーズの中の一冊。〈1〉は「どこでどうはじまった?スポーツ」、〈2〉「差別をのりこえていくスポーツ」、〈4〉「世界をひとつにする国際大会――オリンピック・ワールドカップなど」、〈5〉「知ろう・やってみよう障がい者スポーツ」というラインナップになっている。

 とくに「差別をのりこえていくスポーツ」では、「なくならない人種差別」「日本のスポーツ界でも差別が」「女性差別はなくなったか」などがきちんと書かれている。かつて早実時代の王貞治さんが春の甲子園選抜大会では優勝投手だったのに、日本人ではないという理由で国体には出られなかったことや、サッカーのヤジ問題など最近の例も。このほか、日本代表を目指すために日本国籍を取った選手などの話も紹介されている。

 大坂選手は父が外国人ということでも話題になったが、そうした日本人アスリートは、もはや珍しくない。特に目立つのは陸上競技だ。16年のリオ五輪で男子400メートルリレーの銀メダルを獲得した日本チームのケンブリッジ飛鳥選手、17年の日本選手権男子100、200メートルで優勝したサニブラウン・アブデル・ハキーム選手、18年の日本選手権男子400メートル優勝のウォルシュ・ジュリアン選手、同女子1500メートル優勝の高松智美ムセンビ選手など目白押し。父親はジャマイカ、ガーナ、ケニアと世界に広がる。

オシム監督の通訳が執筆

 本書は、監修が、テレビの冷静なコメンテーターとしても人気の中西さんということもあって多方面に目配りが利いている。

 「スポーツのグローバル化」についても、手放しで礼賛するのではなく、「今やスポーツは巨大産業のひとつにまでに成長しました。企業は国の枠を超えて、選手やチーム、スポーツイベントのスポンサーになっています」「スポーツの商業化は、プロスポーツはもちろん、アマチュアスポーツにもおよんでいます」など、しっかり現状を押さえている。

 また実際の執筆者の一人に千田善さんがいることを知ってちょっと驚いた。サッカーのオシム監督の専属通訳も務めていたことで知られるが、国際ジャーナリストとして経験も長く、『ユーゴ紛争はなぜ長期化したか』などの著書もある。壮絶な殺戮戦が続いたユーゴ紛争当時、現地から「アエラ」など日本のメディアに長文のレポートを送っていた。

 本シリーズは「スポーツの国際化」について、その陰の部分にもきちんと光を当てた子ども向けの良書といえる。すでに公立図書館では蔵書になっているところが多いが、小中学校の図書館にはぜひ置いておきたい。写真や地図、イラストなどもたっぷり掲載されている。読書嫌い、勉強が苦手なスポーツ少年や少女も手に取りやすい。一つのスポーツにとどまらず、まんべんなくいろいろなジャンルについて述べられているので視野を広げることができる。

  • 書名 国境をこえるスポーツ
  • サブタイトルスポーツでひろげる国際理解〈3〉
  • 監修・編集・著者名中西 哲生 監修
  • 出版社名文溪堂
  • 出版年月日2018年3月 1日
  • 定価本体2900円+税
  • 判型・ページ数A4判・47ページ
  • ISBN9784799902585

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?