本を知る。本で知る。

儚くも、美しく咲いた君を忘れない

桜のような僕の恋人

 朝倉晴人は、美容師の有明美咲に一目惚れをした。以来、晴人は彼女の美容室を訪れるようになる。ある日、美咲は晴人の耳たぶを誤って切り落としてしまう。「わたしにできることがあれば、なんでもします!」と必死に謝る美咲に、晴人は「僕と一緒に桜を見に行きませんか!?」と誘い、意外にもOKの返事をもらう。

 デート当日、晴人は自分が「プロのカメラマン」と嘘をついていたことを美咲に打ち明け、謝罪する。「夢ならなにがあってもカメラ続けなさいよ!」と美咲に怒られた晴人は、「あなたに相応しい男になってみせます!」と宣言。情けない自分を変えたいと、再びカメラマンの夢を追うことを決意する。

 最初は乗り気でなかった美咲だが、率直で一途な晴人にしだいに惹かれ、2人は結ばれる。ところが、美咲に病魔の影が忍び寄り、人の数十倍の速さで老化する難病を発症。晴人にだけは、失望されたくない、醜いと思われたくない、老婆になっていく姿を絶対に見られたくない。美咲は、晴人から離れる道を選ぶ。美咲は兄とその恋人に支えられながら、日に日に変わり果てていく恐怖に立ち向かっていく。

 本書『桜のような僕の恋人』(集英社、2017年)は、タイトルと、裏表紙の内容紹介にある「難病を発症」「儚く」の文字から、切なく悲しげな印象を受ける。ところが、登場人物たちの心情や会話がイキイキと、時にユーモアをまじえて描写されていて、意外性がある。

 晴人と美咲が離れた後、2人の再会の時を今か今かと待つのだが、その距離感がもどかしい。小説を読んで泣いたことがあまりない方も、きっと涙を誘われる。読後、自分の大切な人の存在が、もっと愛しいものに感じられる。

 著者の宇山佳佑は、脚本家。ドラマ『スイッチガール!!』『主に泣いてます』『信長協奏曲』などの脚本を執筆。著書に『ガールズ・ステップ』がある。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 桜のような僕の恋人
  • 監修・編集・著者名宇山 佳佑 著
  • 出版社名株式会社 集英社
  • 出版年月日2017年2月25日
  • 定価本体600円+税
  • 判型・ページ数文庫判・335ページ
  • ISBN9784087455489

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?