本を知る。本で知る。

美貌の人気政治家に、突然のスキャンダル

書評掲載元:週刊文春 9月7日号 書評

標的

 

 48歳という若さと美貌で国民的人気を誇る越村みやびは、社会福祉制度の充実をライフワークとする厚生労働大臣。だが、サービス付き高齢者向け住宅の規制強化をはかる「社会福祉健全化法」は成立直前になり、法改正が見送られた。背景に何があったのか?

 

 初の女性総理をめざすが、政権党の総裁選直前になり、彼女の政策パートナーが経営する投資会社の元最高財務責任者が東京地検特捜部に彼女を告発する。反対派に金が渡されたというのだ。

 

 3組の男女の視点で物語が進む。ひとつは越村とその生家の酒造会社を切り盛りする夫の俊策。もうひとつは、告発を受理して捜査に動く東京地検特捜部検事の冨永真一と藤山あゆみ、さらにサービス付き高齢者向け住宅の問題の取材から特捜検事の動きを追う新聞記者の神林裕太と大塚有紀。

 

 高い理想を持ち、高潔な政治家として知られる越村のスキャンダルは真実なのか? 団塊の世代の高齢化とともに、首都圏の介護福祉はやがて崩壊するだろうと言われている。サービス付き高齢者向け住宅という喫緊の課題を題材に、政治権力のどろどろとした闘争を描いている。

 

 評者の西上心太氏(文芸評論家)は「政界、検察、マスコミの三者三様の思惑が交錯する、読みごたえたっぷりの作品だ」と評価する。ページを繰るのがもどかしくなるほどの早い展開、あっという間に読了した。越村みやびという政治家の人間造形も魅力的だ。

  • 書名 標的
  • 監修・編集・著者名真山仁 著
  • 出版社名文藝春秋
  • 出版年月日2017年6月30日
  • 定価本体1750円+税
  • 判型・ページ数四六判・389ページ
  • ISBN9784163906676

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?