読むべき本、見逃していない?

「ヤンキーに本読ませなきゃだめだよ」から始まった

書評掲載元:朝日新聞7月9日付 著者インタビュー
  • 書名 知性の転覆
  • サブタイトル日本人がバカになってしまう構造
  • 監修・編集・著者名橋本治 著
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2017年5月30日
  • 定価本体760円+税
  • 判型・ページ数新書判・228ページ
  • ISBN9784022737151

 「考える」人、橋本治の真骨頂とでもいうべき本である。橋本治の本は読みにくい。なぜなら彼が徹底的に考えるからである。本書においても論点はあちこち飛躍する。しかし、それは彼の思考の自然な流れであり、必然なのだ。

 反知性主義を読み解いていくなかでたどり着いたのは「不機嫌」「ムカつく」というキーワードだった。

 後半は、ヤンキーから逸脱して、イギリスのEU離脱、トランプ大統領の誕生といったトピックスについて「思考」する。

 著者はあとがきで「知性は人間の根っこのようなもので、どこでどうつながってるかは分からないんだし」と記している。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub