読むべき本、見逃していない?

永井荷風の日記を読めば、元気が出てくる

摘録 断腸亭日乗 (上)

文豪といえば聞こえはいいが、東京下町の街娼を愛し、浅草のストリッパーたちに愛された作家、永井荷風は膨大な日記を残した。その中から、岩波書店版全集は3000ページに日記を収めた。さらに文庫版2冊にまとめたのが本書である。  彼の日常生活が包み隠さず記録されている。交際した女性、出入りした編集者・作家、食べたもの、入った店、収入などなど。公開されるのを前提とした日記だったから、当然、作家は書きたくないことは書いていないと思われるが、よくぞここまでと思われることまで書いてある。  上下2冊だが、読み応えがあるのは、やはり壮年期を収めた上の方だろう。麻布の自宅から銀座に出撃、ときに下町に繰り出す。判を押したような日常だが、漢語を多用した文体が心地よい。  仕事に行き詰ったり、人間関係に悩んだりしたときに、本書を読むと、「人生なんとかなる」と元気が出てくる。評者はそんな「ビタミン本」として、枕元に置いている。(BOOKウオッチ編集部JW)

  • 書名 摘録 断腸亭日乗 (上)
  • 監修・編集・著者名永井荷風著 磯田光一編
  • 出版社名岩波書店
  • 出版年月日1987年7月16日
  • 定価950円+税
  • 判型・ページ数文庫判・230ページ
  • ISBN9784003104200

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?