読むべき本、見逃していない?

女子高生3人が作った「疑似家族」の愛の行方

書評掲載元:読売新聞(2017年6月11日朝刊)書評

最愛のこども

 寡作で知られる松浦理英子の4年ぶりの新作と聞けば、興味を持たざるをえないだろう。『親指Pの修業時代』では、足の一方の親指が男性器のような形状となった女性の物語を、『犬身』では、犬に変身してしまった女性の物語を描き、読書家の関心をひいてきた作家である。

 さて、本作は女子高生3人が「パパ」「ママ」「王子様」という役割を教室内で演じるという設定だ。評者の青山七恵氏は「自分たちだけのために喜ばしい、愛し甲斐のある世界を想像力によって立ち現そうと孤独な奮闘を続ける」と書く。どんな世界なのだろうか。

 性を描きながら、ある種のすがすがしさを表現できる作家だから、3人の身体、肌のふれあいの描写が楽しみである。

  • 書名 最愛のこども
  • 監修・編集・著者名松浦理英子 著
  • 出版社名文藝春秋
  • 出版年月日2017年4月26日
  • 定価本体1,700円+税
  • 判型・ページ数四六判・ 216ページ
  • ISBN9784163906362

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?