本を知る。本で知る。

「40代は女の分岐点」大久保佳代子が50歳になって「後悔していること」とは

まるごとバナナが、食べきれない

 現在51歳。酸いも甘いもかみ分けた"独身の星"、大久保佳代子さん。エロスな話題も自虐ネタもカラッと笑いに変えてしまう明るいキャラクターで、多くの女性に支持されている。

 食欲も性欲も旺盛で、パワフルなイメージのある大久保さんだが、エッセイ集『まるごとバナナが、食べきれない』(集英社)の中で、「勢いだけでは乗り越えられない壁や老いにぶち当たる40代」に感じた変化を赤裸々に綴っている。

大久保佳代子・著『まるごとバナナが、食べきれない』/集英社 カバー
大久保佳代子『まるごとバナナが、食べきれない』(集英社)

 ご存じない方のために補足すると、タイトルの『まるごとバナナ』とは山崎製パンのロングセラーで、スポンジでたっぷりのホイップクリームとバナナをまるごと1本くるんだ、ボリューミーな洋生菓子だ。初めて出合った時は「この世にこんな美味しいものが存在していたなんて」と一瞬で完食していたのに、久しぶりに食べてみたら、「食べきることすらできなかった」という大久保さん。両親から「老いると食が細くなる」と聞いて不思議に思っていたが、食欲の減退を実感。今では自宅の冷蔵庫の中に「『最後の一口』みたいな残り物」がたくさん入っているという。

 性欲も同じで、「最後の恋」は40代前半だったと振り返る。男性の好みも「麻薬のような危険な男」から「とにかく健康な男」へ。体力も気力も衰えるばかりで、自分のことに精一杯。「危険な男に振り回される余裕なんて、大人の女にはありませんからね」。

あそこで一発逆転を決めていれば...

 「若い頃に比べると生きやすくなった、ラクにはなった」と言う大久保さんだが、ちょっぴり後悔をにじませる。

...たまに思うんですよ。あそこで一発逆転を決めていれば、結婚していたかもしれないし、子どももいたかもしれないなって。
 40代はまだそんなラストチャンスが残されているんですよね。でも、私はそのチャンスを摑もうとしなかった。仕事も楽しかったし、変なプライドもあったしね。
 それを50歳になった私は少し後悔している。「あそこでもう少し足掻けばよかったな」と......。
 全ては自分が選んだこと。一人で生きている今の自分は「しょうがないよね」と受け入れています。(「四十路の恋と後悔と」より)

 本書ではほかにも、本当は受け継いでいきたい「大久保家の味」、酒の力を借りてぐいぐいアピールしてきた若かりし日の恋、大福の皮とあんこを分け合う、相方・光浦靖子さんとの関係、OLと兼業だった自分を育ててくれた「めちゃイケ」の思い出などが、飾らない文章でユーモラスに描かれている。

 刊行を記念して、現在、未収録のエッセイ4本と本編2本がウェブで無料公開されている。(http://gakugei.shueisha.co.jp/mori/serial/marugotobanana/001.html)妙齢の女性はこの機会にぜひ、「わかる~」「あるある!」を体感してほしい。

book_20221026181423.jpg

【目次】
●家族 ―私を育てた大久保家の飯―
冷や飯とふりかけ。兄妹だから、わかる味/どんな高級店よりも美味い、母親が握る武骨なおにぎり/愛犬パコ美を太らせた、独女の寂しさと甘やかしメシ ほか

●恋愛 ―男と女と欲とエロス、甘く苦い恋の味―
酒の席の反省を『ピルクル』と一緒に飲み干す二日酔いの朝/大好物のイクラも、幸せも、「すぐ食べない」が佳代子流/四十路の恋と後悔と ほか

●女友達 ―悲しいとき、楽しいとき、支え合う仲間と囲む食卓―
和歌子姉さんと韓国で食べた深夜のグラタン/「もっと太れ、もっと太れ」と願いながら親友にすすめる高カロリー食/咀嚼が面倒で素うどんをすする、大人女子の憂鬱な休日 ほか

●仕事 ―働いて手に入れる、とびきりの一皿―
プロデューサーが奢ってくれた、東京の味がするステーキ肉/語りつくせぬ思い出が詰まった『めちゃイケ』めし/大福の皮とあんこを分け合う、光浦さんとの不思議な関係 ほか

●ひとり飯 ―人生を「ひとり」で歩く、妙齢女子の「おひとり様」ゴハン―
持て余した母性を注ぎ育てる、妙齢独身女子のぬか漬け/「熟すのは意外と早い」、それは果物も女も同じ/完食できずに半分残った、40代の『まるごとバナナ』 ほか

■大久保佳代子さんプロフィール
おおくぼ・かよこ/1971年5月12日生まれ。愛知県出身。千葉大学文学部卒業。幼なじみの光浦靖子と「オアシズ」を結成。テレビ番組「めちゃ×2イケてるッ!」でのブレイク後、数多くのバラエティ番組などで活躍中。



  • 書名 まるごとバナナが、食べきれない
  • 監修・編集・著者名大久保 佳代子 著
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2022年10月26日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・192ページ
  • ISBN9784087817256

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?