本を知る。本で知る。

ぶりっ子で無神経な嫁、いい加減にして! と思っていたら......? ちょっと変わった「友情」を描いたマンガ短編集

うちらきっとズッ友 ―谷口菜津子短編集―

 「第26回 手塚治虫文化賞」新生賞を受賞した注目のマンガ家・谷口菜津子さんの短編集、『うちらきっとズッ友 ―谷口菜津子短編集―』(双葉社)が発売された。

 「ズッ友」というタイトル通り、"友情"にまつわる6つの物語が収められている。でも、どの関係も一筋縄ではいかないようで......?

 転校生の卯月ちゃんは、特技がアイススケートでトリプルアクセルが飛べて、アイドルのKEEN君と親戚らしい。KEEN君が大好きなメイは、卯月ちゃんが私の気持ちを伝えてくれる!? もしかしたらKEEN君に会えちゃう!? と大喜び。卯月ちゃんはあっという間に学校中の人気者に。だけど、卯月ちゃんの話を聞いているとだんだん、つじつまが合っていないことに気づき始める。卯月ちゃん、本当は......?
――「卯月ちゃん」

 「お義母さんは~神対応ですよね」「だって毎日こーんな美味しい料理作ってくれるし お弁当もおばあちゃんが作るみたいな健康的なおかずで最高~」ぶりっ子で無神経で愛され上手な嫁に、姑はへとへと。孫が生まれたら孫の世話まで押し付けてきそうでうんざり......。ところがある日、嫁が真剣な顔でこう言う。「俊介さんは浮気してます」。ボヤッとした子だと思っていたけど、もしかして......?
――「砂糖と塩」

 このほか、以下の6作品を収録。不穏そうなフレーズばかりが並んでいるが、その"友情"の結末は果たして?

夢見る少女と嘘つきな転校生...「卯月ちゃん」
見栄と性欲まみれの高校生...「氷菓」
子育てを終えた女たちの微妙な友情関係...「モノクロの修学旅行」
愛されキャラの嫁に振り回される姑...「砂糖と塩」
ゲーム好きな男女の20 年に及ぶ友情...「おい、豚。」
美人ギャルとサブカル女子が大親友になる...「コトハとエマ」

■谷口菜津子(たにぐち・なつこ)さん
漫画家・イラストレーター。1988年、神奈川県生まれ。雑誌のイラストや「放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる」(ダイヤモンド社)「スキマ飯」(KADOKAWA)など料理関連のエッセイ漫画、ストーリー漫画など多方面で活躍している。「教室の片隅で⻘春がはじまる」(KADOKAWA)「今夜すきやきだよ」(新潮社)では第26回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。


※画像提供:双葉社


   
  • 書名 うちらきっとズッ友 ―谷口菜津子短編集―
  • 監修・編集・著者名谷口菜津子 著
  • 出版社名双葉社
  • 出版年月日2022年10月20日
  • 定価880 円(税込)
  • 判型・ページ数B6・192 ページ
  • ISBN9784575440300

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?