本を知る。本で知る。

感じのいい人は「暑くてイヤになりますね」のかわりに何と言う?

いつもの言葉があか抜ける オトナ女子のすてきな語彙力帳

 いつも「超○○ですね」「すごいです」「やばいです」ばかりしか言えない。いい大人なのに会話が下手でやばいかも......あ、またやばいって言っちゃった......。なんていう、大人の語彙力不足に悩んでいるそこのあなた。

 コミュニケーション講師・吉井奈々さんによる『いつもの言葉があか抜ける オトナ女子のすてきな語彙力帳』(ダイヤモンド社)で、大人のすてきな言い回しを身につけよう。

book_20220908172028.jpg
book_20220908172028.jpg

 たとえば、何かを断るとき。ただ「結構です」とだけ言うと角が立つけれど、あまりふわっと言っても食い下がられるし......と、言い回しが難しいシーンの一つではないだろうか。そんなときは、この言葉。

「お気持ちだけいただきますね」

 たしかに、感じのいい人がよく使っている言葉! 相手の好意も大切にできる、すてきなフレーズだ。次に何かを断るときには使ってみよう。

 他には、ちょっとした雑談のシーン。特に夏場だと気温の話をすることが多いが、「暑くてイヤになりますね~」と言うと、悪くはないけれど暑さに対してネガティブになってしまい、大人のすてきさはないかもしれない。もっとすてきに話すには?

「いよいよ夏本番ですね」

 暑さをポジティブにとらえる大人の雑談に変身。では、これからやってくる秋や冬には何と言う? 他の季節のフレーズはぜひ本書で。

この本で大切にしたいのは、
相手も自分も心地いいコミュニケーションです。

話しているとリラックスできて、思わず笑顔になる。
体調を気遣うひと言や励ましの言葉を、何気なくかけられる。
もっと話したいな、また会いたいなと、自然と思える。
メールをやり取りしたあと、なぜか前向きな気持ちになれる。

(「はじめに」より)

 すてきな語彙力を身につけて、自然と笑顔になれる心地のいいコミュニケーションをしよう!


目次
1章 挨拶の言葉
2章 気持ちを伝える言葉
3章 感謝の言葉
4章 打ち解ける言葉
5章 あいづち・クッション言葉
6章 ほめる言葉
7章 励ます言葉
8章 お願いの言葉
9章 断るときの言葉
10章 おわびの言葉
11章 電話・メール・ オンライン
【付録】SNSの言葉

■吉井奈々(よしい・なな)さん
一般社団法人JCMA代表理事、コミュニケーション講師。企業や教育機関でコミュニケーション講師として活躍。15年間にわたって約7万人に「心を大事にするコミュニケーション」を伝えている。出生時に割りあてられた性別は男性だったが、性別適合手術を受けて戸籍を女性に変更し、現在は男性と結婚。自身の生き方と経験から、さまざまな立場の人の気持ちを汲んだコミュニケーションが得意。日本郵政や法務省、日本コカ・コーラ、日産自動車、日本アイ・ビー・エムなど多くの省庁や企業で講演や研修を担当。


※画像提供:ダイヤモンド社


   
  • 書名 いつもの言葉があか抜ける オトナ女子のすてきな語彙力帳
  • 監修・編集・著者名吉井奈々 著
  • 出版社名ダイヤモンド社
  • 出版年月日2022年4月21日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判並製・240ページ
  • ISBN9784478113578

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?