本を知る。本で知る。

ハリソン・フォードがグラント博士を演じなかった理由は? 『ジュラシック』3部作メイキングブック発売!

ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック

   『ジュラシック』シリーズ完結篇の『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の公開が迫り、楽しみにしているファンの方も多いだろう。このたび、未公開図版やボツ案からキャスティング、スケジュール、予算まで『ジュラシック・パーク』3部作の真実に迫るメイキングブックが発売される。

book_20220725132119.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』表紙(玄光社提供)

book_20220725132142.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

   2022年8月8日発売の『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』(玄光社)は、シリーズ全体を通した裏話が満載だ。資料的な価値も高く、ファンなら引き込まれるに違いない。

   カバーは本国版を踏襲したデザイン、本体は公式に許可された日本版オリジナル表紙となっている。

book_20220725132204.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

book_20220725132224.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

   第1作『ジュラシック・パーク』の章では、マイケル・クライトンと、20代のスティーヴン・スピルバーグの運命的な出会いから原作誕生にいたる経緯、ティム・バートン、ジェームズ・キャメロンやリチャード・ドナーらヒットメーカーを巻き込んだ映画化争奪戦のいきさつなどシリーズ誕生の歴史が記されている。

   クライトンが自ら執筆した脚本をスピルバーグが採用しなかった理由や、二転三転した末に脚本を執筆したデヴィッド・コープによる大胆な原作の改変についても、初期コンセプトアートとあわせて解き明かす。

   ハリソン・フォード、リチャード・ドレイファス、カート・ラッセルと紆余曲折したグラント博士のキャスティング、こだわりぬかれた美術デザインや衣装、音楽や音響効果、有名なTレックスのロゴマークの誕生秘話も。

   さらに、映画の主役・恐竜たちも詳しく紹介している。恐竜たちのメイキングやCG導入の背景は必読だ。

book_20220725132250.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

book_20220725132311.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

book_20220725132331.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

   第2弾『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の大がかりなプロダクション、脚本完成前に撮影がスタートした第3弾『ジュラシック・パークIII』の現場の混迷から、3作目がシンプルなタイトルに決まった理由まで初出し情報が満載!

   あれほどのヒット作が生まれた背景には、さまざまな苦難があったはず。完結編の映画とともに何度も楽しむことができるに違いない。

book_20220725132351.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

book_20220725132411.jpg
画像は『ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック』より(玄光社提供)

   本書の目次は以下の通り。

序文 サム・ニール
はじめに ローラ・ダーン

第1章 ジュラシック・パーク
第2章 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
第3章 ジュラシック・パークIII
第4章 ジュラシック・レガシー

ジェフ・ゴールドブラムによるあとがき
注釈
謝辞

※画像提供:玄光社


  • 書名 ジュラシック・パーク トリロジー 完全版メイキングブック
  • 監修・編集・著者名ジェイムズ・モトラム 著、神武 団四郎 監修、本多 佐良 翻訳
  • 出版社名玄光社
  • 出版年月日2022年8月 8日
  • 定価6930円(税込)
  • 判型・ページ数A4判、256ページ
  • ISBN9784768316290

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

写真集の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?