本を知る。本で知る。

「ルイ・ヴィトン」職人の仕事場から見える世界遺産は?

ルイ・ヴィトン マニュファクチュール

 2022年4月15日、ルイ・ヴィトンストア、および公式サイトにて、「ルイ・ヴィトン マニュファクチュール」の日本語版が発売された。

 「ルイ・ヴィトン マニュファクチュール」は、今年2月、アスリーヌ社からフランス語版、英語版にて出版されたルイ・ヴィトンのアトリエ、ならびにメゾンの卓越したアイテムを作り上げる職人たちにスポットライトを当てた特別な書籍。ルイ・ヴィトンのアトリエ、ならびにそこで働く刺激的な人々にオマージュを捧げる1冊だ。

book_20220421152110.jpg
(C) Louis Vuitton

 ルイ・ヴィトンはアトリエを個々の特性や実現の場であると考え続けてきた。そこは、職人たちがサヴォアフェール(匠の技)を学び、敬い、継承し、そして革新をもたらしながら、常に伝統的なアトリエの概念に挑んでいる場だ。ルイ・ヴィトンのアトリエは、各地に息づく専門技術や職人の卓越した技を追い求め、フランスを超えてジュネーヴ(スイス)やフィエッソ・ダルティコ(イタリア)、さらにはテキサス(アメリカ)など、さまざまな地域に広がっていく。歴史的な魅力や自然の美しさが際立つ場所の傍には、これらのルイ・ヴィトンのアトリエがあると言える。フランスのノルマンディー地方にあるデュセのアトリエからは、海に囲まれたモン・サン=ミシェルの堅牢な姿が望める。同じくフランスのボール・シュル・レイヨンにあるアトリエは、日光が降り注ぐ建物により、環境への影響を低減することを約束している。

 今回のために特別に撮影された数々の写真に彩られた本書は、ルイ・ヴィトンのアトリエの並外れて美しいロケーションや建物と共に、創業者ルイの手法やサヴォアフェール(匠の技)を21世紀に繋ぎながら、ルイ・ヴィトンのクリエーション──トランクやバッグ、フレグランス、ウォッチ、シューズ、ハイジュエリー、そしてプレタポルテなど──を通して自らの才能を表現する卓越した職人たちにスポットライトを当てている。

book_20220421152139.jpg
(C) Oliver Pilcher

取扱店舗:ルイ・ヴィトン ストア、および公式サイトにて販売

ルイ・ヴィトン公式サイト 商品ページ

 著述家であり、歴史家およびジャーナリストでもあるニコラス・ファルクスは、『Vanity Fair』、『Financial Times - How to Spend It』、『The Rake Magazine』のコントリビューティングエディター、『British GQ』のラグジュアリーエディターを務めている。19世紀の英国史3部作──『Last of the Dandies』、『Dancing into Battle』、『Gentlemen and Blackguards』──で最もよく知られるニコラス・ファルクスは、歴史やアート、スタイルに関する著書をこれまでに30作品ほど出版してきた。最近の作品には、画家ベルナール・ビュフェの伝記(ランダムハウス社)、旧石器時代から月面着陸までの人類の歴史を辿った『Time Tamed』(サイモン & シュスター社)などがある。アスリーヌ社から発行された著書には、『Bals: Legendary Costume Balls of the Twentieth Century』(2011年)、『Swans: Legends of the Jet Society』(2013年)、『The Impossible Collection of Watches』(2014年)、『Jaeger-Le Coultre Reverso』(2020年)などがある。

画像提供:ルイ・ヴィトン ジャパン


 


  • 書名 ルイ・ヴィトン マニュファクチュール
  • 出版年月日2022年4月15日
  • 定価18,700円
  • 判型・ページ数400ページ

ファッション・コスメの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?