本を知る。本で知る。

同僚がほめられるとモヤモヤ...。嫉妬沼から抜け出すために手放すべきものとは?

つい他人と比べてしまう

   友達の恋人や仕事をうらやましく感じてしまう...。良くはないとわかっていても、もやもやした嫉妬心は抑えられないもの。どうせなら、嫉妬心を持たずに清々しく生きていきたいあなたに、『つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本』(学研プラス)をおすすめしたい。

book_20220419123254.jpg

   著者は、心理カウンセラーの根本裕幸さん。本書では「嫉妬」という感情を上手に手放す方法を、たくさんの事例とイラストを交えて、ていねいに解説していく。自分の中にもやもやをためこんでしまいがちな人にこそ手に取ってほしい。

嫉妬は「自分を過小評価する」ことから生まれる

   他人がほめられていると、ほめられた人が自分より優れていると言われているように感じて、「なんで私はほめらないんだろう? わたしはやっぱりダメなんだ!」と思ってしまうことが誰にでもある。これも競争心からくる嫉妬だと、根本さんはいう。

   そして、嫉妬には「本当は欲しいもの」が隠れていて、これを上手にキャッチできたら、もっと自分の気持ちに素直になれると説く。そんな心の中のヒントを集めていき、自分が何を求めているかに気づくための道筋を教えてくれる。

book_20220419123312.jpg

book_20220419123330.jpg

   根本さんが重要視するのは「自分軸」だ。他人に合わせようとするから嫉妬の感情を抑え込んで苦しんでしまう。優しすぎる自分を少しだけ手放すことも大切だ。他人と比べるのではなく、やりたいことをやれる自分に変えていこうと、エールを送る。

   「嫉妬をするのは、自分の価値や魅力を過小評価しているから」で、少しの勇気があれば過小評価を逆転させることもできるのだ。

   本書の目次は以下の通り。

第1章 嫉妬心は、どうやって生まれるのか?
第2章 あなたを悩ませる嫉妬の正体
第3章 嫉妬をプラスに変える3つのマインドセット
第4章 嫉妬を感じたときの15の切り替えスイッチ
第5章 他人の嫉妬から身を守る方法

   生きていれば、人は嫉妬と無縁ではいられない。私たちを苦しめる嫉妬の感情はどのように生まれるのか、嫉妬の正体を知ることが大切だ。そのうえで、嫉妬をプラスに変えるマインドセットや、嫉妬を感じたときの切り替えスイッチを本書で身につけ、自分らしく生きてみない?

■根本裕幸さんプロフィール

book_20220419123805.jpg

1972年生まれ。大阪府在住。1997年より神戸メンタルサービス代表・平準司氏に師事。2000年よりカウンセラーとして、のべ20,000本以上のカウンセリングと、年間100本以上のセミナーを行う。「ライフワークとパートナーシップ」を中心に、わかりやすさと、軽妙な語り口、ユニークな視点の分析力が、笑えてためになると評判。『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』(あさ出版)、『人のために頑張りすぎて疲れた時に読む本』(大和書房)、『「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本』(学研プラス)など、著書多数。


※画像提供:学研ホールディングス

 
  • 書名 つい他人と比べてしまう
  • サブタイトルあなたが嫉妬心とうまく付き合う本
  • 監修・編集・著者名根本裕幸 著
  • 出版社名学研プラス
  • 出版年月日2022年4月14日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判、248ページ
  • ISBN9784054068605

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?