本を知る。本で知る。

瀬戸内寂聴が「ゆうゆう」誌に語った言葉の遺産。60歳ニューヨーク講演の密着記事も!

瀬戸内寂聴 言葉の遺産 どん底に落ちたら弾みで上がる

 2021年11月に99歳で亡くなった瀬戸内寂聴さん。「いくつになっても、人生はこれから」、そう言って人生を楽しく生きるヒントと勇気を与え続けてくれた。

 寂聴さんの「言葉の遺産」が、電子書籍『瀬戸内寂聴 言葉の遺産 どん底に落ちたら弾みで上がる』(主婦の友社)となって1月31日に発売された。

book_20220203121239.jpg
『瀬戸内寂聴 言葉の遺産 どん底に落ちたら弾みで上がる』(主婦の友社)

 本書は、雑誌「ゆうゆう」(主婦の友社)に掲載された瀬戸内寂聴さんに取材した記事の中から、寂聴さんの言葉をまとめたものだ。また、「主婦の友」の過去記事から、1982年にニューヨークを訪れた際の密着記事、1973年に得度してから半年後の記事も掲載されている。

 「言葉の遺産」は、3つの章で構成されている。

「愛と女を語ることば」
「人生を楽しむことば」
「心を元気にすることば」

 心が折れそうになったとき、もう立ち上がれないと思ったとき、人生の虚しさを感じたとき等、寂聴さんの紡ぐ言葉が勇気をくれる。亡くなってからも尚、そのパワーを持って私たちの心に語りかけてくれるものばかりだ。

 寂聴さんは、「どん底の下はない。どん底に落ちたら、あとは弾みで上がるだけ」と語る。生活様式が変わって、何だか今一歩踏ん張れない、自分を鼓舞できない、そんな風に感じるあなたに、優しく寄り添う言葉をそばに置いてほしい。

 本書の一部を紹介する。

愛と女を語ることば

book_20220203121257.jpg

「 そうでないとこの世が面白くないじゃないですか。恋をしていると良い仕事ができるし。周りを明るくします。不倫をおすすめしているわけではないですよ(笑)。好きだと思うだけでいいの。その人がそこにいて胸がときめくだけでいい。それだけで幸せになれますから」
book_20220203121312.jpg

「自分がまず自分をいたわり、愛し、かわいがってやる時間をもつこと。そうでなければ、今度は自分自身が自分に反抗します」

人生をたのしむ言葉

book_20220203121328.jpg

「仏教には "世は無常なり"の教えがあり、私はそれを『常ならぬ』と解釈しています。つまり、どんなことも変わる。どんな雨も必ずやむ。暗雲はいずれ消え、太陽も月も照る。人生も同じ。今どんなにつらくてもいずれ状態は変わるし、笑える日は来る。つらいときは『洋服を買おう』というように自分を慰める。写経など無になれる時間をもつのもいい。自分を抱きしめながら人生が好転する日までもうちょっとがまん。いずれ状況は変わるものですよ。ただ、いいことも続きません。いいことが続いたら、気を引き締めないと」
book_20220203121343.jpg

「いい泉はくめば尽きることがない。しかし、くみ出さなければ水は湧かない。だからいつも挑戦、そして勉強。そうすれば泉は枯れることはない」

心を元気にすることば

book_20220203121359.jpg

「私も泣き暮らしたことがありました。毎日、ワンワン泣いていた。でも『辛い』は仏様の『落ちろ』のサイン。どんなことにも底はある。落ちて底に当たったら必ず浮上しますから。傷つくことを恐れてはいけません」
book_20220203121414.jpg

「豊かに生きてきた人ほど、重ねてきた歳月を思い出すのは楽しいことです。かすかすの生き方をしてきた人は貧しい思い出しかない。それは寂しいでしょ? だから、人間、いかに生きたかで勝負が決まるのね」

還暦を迎えたばかりの寂聴さん、「墨染め衣でニューヨークを行く」

book_20220203121432.jpg

 1982年6月、「主婦の友ニューヨーク友の会第1回総会」の記念講演のためにニューヨークを訪れた瀬戸内寂聴さん。スケジュールの合間に精力的にニューヨークの街を歩き回った様子がわかる密着記事も収録されている。還暦を迎えたばかりで元気いっぱいの寂聴さんの姿は必見だ。

 寂聴さんは亡くなってからも、こうして私たちを励ましてくれる。

■瀬戸内寂聴さんプロフィール

1922年徳島県生まれ。東京女子大学卒業。作家。天台宗僧侶。'73年、51歳のときに岩手県の中尊寺で得度。法名・寂聴となる(旧名は晴美)。'63『夏の終わり』女流文学賞、'92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、'96年『白道』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。'98年『源氏物語』の現代語訳完成。2001年『場所』で野間文芸賞、'11年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。'06年には文化勲章を受章。執筆活動の傍ら、京都の寂庵などで法話の会を行い、大勢の人が集まった。2021年11月9日遷化。享年99歳。

※画像提供:主婦の友社

  • 書名 瀬戸内寂聴 言葉の遺産 どん底に落ちたら弾みで上がる
  • 出版社名主婦の友社
  • 出版年月日2022年1月31日
  • 定価1320円(税込)
  • 備考※電子書籍のみ

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

インタビューの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?