本を知る。本で知る。

柴犬あるあるマンガにほっこり。人間関係に疲れたら「柴距離」をとろう。

読むだけで心がほどける柴犬処方箋

 

   歴代4匹の柴犬と、20年以上もともに暮らしてきたイラストレーターの影山直美さん。『柴犬さんのツボ』シリーズなど、自身の経験をもとにしたマンガやイラストエッセイは、柴犬好きから絶大な支持を得ている。

   そんな影山さんが、柴犬と暮らすなかで学んだ「自分らしく生きるヒント」を1冊にまとめたのが本書、『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』(主婦の友社)だ。

book_20211216143711.jpg

 

   「ガンコ」「ツンデレ」「神経質」「愚直」などといわれる柴犬。だからこそ、飼い主に一途で、自分らしく生きるすべを知っている。

book_20211216143732.jpg
画像は著者の影山直美さん

 

   そんな柴犬哲学が、4コマ漫画とイラストで綴られている本書。一部紹介しよう。

   1章:ちょっとひと休み

book_20211216143754.jpg

book_20211216143806.jpg

book_20211216143815.jpg

   柴犬は気分転換が上手。仕事や家庭などの日常で気疲れしている自分に気づかされる。

   2章:モヤモヤしたら

book_20211216143842.jpg

book_20211216143853.jpg

book_20211216143903.jpg

   本音ではしたくないけど角を立てないために気持ちを抑えてしまい、モヤモヤ...。そんな時は、やりたくないことはしないけど好きなことは好きという柴犬のガンコさを見習いたい。

   3章:自分もまわりも

book_20211216143930.jpg

book_20211216143944.jpg

book_20211216143954.jpg

   飼い主に一途な柴犬。だからといって、ベタベタもせず自分に心地いい距離を保つ姿には、「柴距離」という言葉もある。そんな姿から、「自分は自分でいい」「あなたもあなたでいい」と、互いを尊重する気持ちを見出すことができる。

   4章:犬と歩けば

book_20211216144024.jpg

book_20211216144036.jpg

book_20211216144049.jpg

   毎日、犬とともに同じ道を歩く...。そんな散歩が、変わらぬ日々の幸せや大切な人がそばにいる日常のかけがえのなさを改めて感じる機会となる。


   ちょっと気を遣いすぎてしまう人にこそ刺さるメッセージばかり。自分の軸を持つ柴犬の振る舞い方は、私たちが学ぶところも多い。手のひらサイズで、表紙のイラストにも和む。クリスマスや年末に、たいせつな人への感謝を込めて、プレゼントするのもおすすめだ。

   ■影山直美(かげやまなおみ)さんプロフィール

イラストレーター。2匹の柴犬(こま6歳、ガク3歳)、夫と湘南に暮らす。ほかに、これまでに暮らした柴犬は、ゴン(享年16)、テツ(享年13)。彼らも登場するイラストエッセイや4コマ漫画など多数。著書 :『柴犬さんのツボ』シリーズ(辰巳出版)、『柴犬テツとこまのほほんな暮らし』(ベネッセコーポレーション)、『しば犬こたのしっぽっぽ』(神宮館)、『柴犬のトリセツ』(西東社)ほか。

※画像提供:主婦の友社

  • 書名 読むだけで心がほどける柴犬処方箋
  • 監修・編集・著者名影山直美 著
  • 出版社名主婦の友社
  • 出版年月日2021年12月13日
  • 定価1320円(税込)
  • 判型・ページ数B6変形判・128ページ
  • ISBN9784074487172

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?