本を知る。本で知る。

令和の「コドモの今どき」は変わったのか?

しまおまほの おしえてコドモNOW!

   子どもの発想は自由だ。SNSに投稿される小さな子のエピソードにクスっと笑った人も多いだろう。しかし小学生ともなると、今ドキの子はおとなびていて現実的なんじゃないだろうか...。なんて心配はご無用。今回は、たくさんの小学生にインタビューを重ねたユニークな1冊を紹介していこう。

book_20211105164154.jpg

   2021年10月29日『おしえてコドモNOW!』(小学館)が発売された。

   本書は、2017年から5年間『Web Domani』で連載された、小学生へのインタビューを通して子どもの「今」を探る大人気ルポエッセイを書籍化したもの。漫画家・エッセイストのしまおまほさんが、小学生と対話する中で見出した「コドモの今どき」を描きおろしのイラストとともに紹介していく。

book_20211105164211.jpg
画像は著者のしまおまほさんの幼少期

   36人にインタビューした連載記事に加えて、幼児教育学者の小川博久先生へのインタビューや、しまおさんが長年ラジオで共演しているRHYMESTER(ライムスター)宇多丸さんとの「おしえてコドモ対談」も掲載している。

朝ちゃんぽん、昼ちゃんぽん、夜ちゃんぽーん!

   では、本書の内容を一部紹介していこう。

   ■36人の子どもたちへのインタビュー

book_20211105164455.jpg
「ママ、オレの完璧無敵装置!どこ??」(あおぺ)。あおぺは毛布にくるまると落ち着くらしい。(画像/小学館提供)

   ①塾で特待生の9歳男子「あおぺ」が語る将来の夢

あおぺ:研究者か、宇宙飛行士か、考古学者。

まほ:なれそう。
あおぺ:ちょっと前まではトラック運転手。
まほ:あれ、全然違う(笑)。じゃあ、妹にはどんな大人になってほしい?
あおぺ:あーたん?
まほ:そう、アイドルとか、先生とか......。
あおぺ:いや、あーたんは好きなように生きればいい。

   たしかに小学生のころは将来の夢がコロコロ変わっていたかも。色々なことが魅力的に見えた思い出。

   ②イマドキの小学生姉妹「ツムちゃん」(8歳)と「コズちゃん」(6歳)の将来の夢は?

ツム:3年間ディズニーランドに住む。
父:オレはいやだ。
まほ:わたしもムリ(笑)。コズちゃんは?
コズ:朝ちゃんぽん、昼ちゃんぽん、夜ちゃんぽーん!
まほ:すぐ叶いそう(笑)。ちゃんぽん、本当に好きなのね。

   ディズニーランドに住むなんて可愛らしい発想。大好きなものを毎日食べたいのも小学生ならではの発言で素敵だ。

最後に小学生らしいこと言ってもいいですか?

book_20211105164255.jpg
双子のアヤタくん・ハルタくん(10歳)は、ザ・たっちの幽体離脱を披露(画像/小学館提供)

   本書のインタビューのキモは親でも先生でもない利害関係の外にいる大人が、子どもと対等に話をすることだ。

「何が好きだ、嫌いだ、何が得意か、友だちの名前教えろと矢継ぎ早に質問され......よくわからないままおしゃべりして帰る、という子ども自身には『?』な1日だったと思います」(著者・しまおまほさん)

   しまおさんだからこそ子どもたちの名言(迷言)を引き出せたのではないだろうか。

◎なんかさーコイツ(アヤタ)が「もうお兄ちゃん飽きたからあげるよ」って言い出してさ-。(双子の"兄"ハルタくん・10歳)
◎あ、最後に小学生らしいこと言ってもいいですか?(はーちゃん・10歳)
◎子どもの義務じゃないからね。国民の三大義務は「納税・勤労・教育」だから。(のどかくん・11歳)
book_20211105164315.jpg
はるちゃん(8歳)としまおさんの共作4コマ漫画。2・4コマ目をはるちゃんが担当。(画像/小学館提供)

   しまおさんが子どもたちと同じ目線で引き出した言葉は、どれも笑えるものばかり。今ドキと言えば今ドキなのかもしれないが、ちゃんと「ほほえましさ」もある子どもたちの発言にほっこりする。息抜きしたい時におすすめ。


※画像提供:小学館


 
  • 書名 しまおまほの おしえてコドモNOW!
  • 監修・編集・著者名しまおまほ 著
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2021年10月29日
  • 定価1760円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・176ページ
  • ISBN9784093888394

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?