本を知る。本で知る。

夫62歳、妻56歳、子どものいない夫婦の老活。入棺体験WSに散骨体験クルーズも?!

おふたりさま夫婦、老活はじめました。~どうなる!? 私たちの老後~

   『不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~』で夫婦の絆を、『親の介護、はじまりました。』『親の介護、10年め日記。』で家族のあり方を描き、ベストセラーを生み出してきた堀田あきお&かよ夫妻の新しいストーリーが9月10日に発売された。『おふたりさま夫婦、老活はじめました。~どうなる!? 私たちの老後~』(ぶんか社)である。

   月刊コミック誌「本当にあった笑える話」に堀田夫妻が連載している「上を向いて歩いてきたから」から、「老活」「終活」をテーマにした話が1冊にまとまったものだ。

book_20210929173104.jpg
『おふたりさま夫婦、老活はじめました。~どうなる!? 私たちの老後~』(ぶんか社)

   親の介護をしているうちに「子どもがいない自分たちには、年をとって動けなくなった時、世話をしてくれる人がいない」ことに気づいた堀田夫妻。

   将来どちらかが動けなくなった時には、もう1人が介護をするのだろうか。もし、お互いに介護が必要な状態になったらどうしたらいいのだろうか。

   さらに、どちらかが亡くなったら、残された方は孤独に死んでゆくしか道がないのだろうか。まだ体が元気なうちに準備できることとは、一体なんだろう。

book_20210929173235.jpg
いい死を迎えるためにはやることがいっぱい!?

   調べてみると、「いい死」を迎えるためには、エンディングノート、遺言書、生命保険の見直し、健康状態の見直し、墓はどうするか、葬式は?など、さまざまなトピックが出てくる。

   堀田夫妻は入棺体験ワークショップに参加してみた。

book_20210929173124.jpg
入棺体験ワークショップに参加してみる

   他にも、お墓を持たない選択も視野に入れて「海洋散骨の体験クルーズ」にも参加。急に死を近くに感じてしまう。粉になって海にまかれる自分の骨を想像すると、複雑な気持ちに...。

book_20210929173145.jpg
海洋散骨の体験クルーズ

老人ホーム、夫婦で入居すると加算される?!

   老人ホームも見学してみる。ただでさえ金額が高いうえに、夫婦で入居すると加算もある。月々にかかる費用も驚くほど高かった。

book_20210929173211.jpg
老人ホームも見学

   子どものいない夫婦や独り身の人に限った話ではない。誰もが「いい死」を迎えるためには何が必要なのだろうか。「老活」「終活」をテーマにしたコミックエッセイには、笑いと切なさが詰まっている。人生を見つめ直すいいきっかけになる1冊だ。


※撮影:BOOKウォッチ編集部画像提供:ぶんか社

  • 書名 おふたりさま夫婦、老活はじめました。~どうなる!? 私たちの老後~
  • 監修・編集・著者名堀田あきお&かよ 著
  • 出版社名ぶんか社
  • 出版年月日2021年9月10日
  • 定価1,100円(税込)
  • ISBN9784821145775

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?