本を知る。本で知る。

近視、老眼、疲れ目に。1日1回ガボールパッチ・トレーニングを取り入れよう

1日1回! 楽しく眺めるだけで目がよくなるガボールパッチ

   PCやスマホを見ている時間が長く、ドライアイや疲れ目を感じる、近視や老眼が進んでしまった、という人も多いだろう。そんな人には、ゲーム感覚で楽しめる「ガボールパッチ」がオススメだ。

book_20210913151606.jpg

   2021年9月15日『1日1回! 楽しく眺めるだけで目がよくなるガボールパッチ』(扶桑社)が発売された。

   「ガボールパッチ」とは、イギリスの物理学者、デニス・ガボール博士が考案した、見た目がぼやけた白と黒の縞模様のことで、視力回復目的で考案されたものではないが、弱視に対する効果や、軽度の近視や老眼への効果などの論文が多数発表されている。

book_20210913151625.jpg

   本書は多数のガボールパッチや大きく色鮮やかな写真を使用して毎日楽しくトレーニングを行うことができる。監修は、眼科専門医の林田康隆さんが務めている。

近くのものを見るとき、少し遠ざけるとよく見える
活字を読むのがつらい
小さな文字が見えづらい
夕方になると見えづらくなる
視界がぼやけることがある
スマホや携帯のメールをよく打ち間違える
メガネ(近視用)を外した方がよく見える
1日4時間以上パソコンやスマホを見る
近くから遠くへ視線を外すと、すぐにピントが合わない
テレビのテロップが見えづらい

   上記のチェックリストに1つでも当てはまるものがある人は、ガボールパッチ・トレーニングがオススメだ。

book_20210913151648.jpg

   「1日1回3~10分行う」「メガネ&コンタクトレンズはつけたままで」「明るいところで行う」などいくつかのルールにそって行い、最低でも10日間は続けることを推奨している。開始する前に現在の視力を測ってから実践すると、効果が分かり、モチベーションにつながる。

book_20210913151708.jpg

本書の内容は以下の通り。

第1章 老眼&近視を改善するガボールパッチ
・見える!のスタートは目から入る情報から
・近くのものがぼやけるのはピント調節力が下がるため
・「老眼」は加齢によるピント調節力の低下で起こる
・目の老化は視野を狭め、動くものを捉えにくくする
・見えやすさに関係するコントラスト感度と空間周波数
・よく見える!ためには脳内視力の向上が重要
・ガボールパッチ・トレーニングでよく見える!ようになる理由

【Column】避けすぎの子どもは近視が進む!? ブルーライトは目にいいの? 悪いの?

第2章 毎日行うガボールパッチ・トレーニング30
・目がよくなるガボールパッチ・トレーニングのルール
・Dr.林田に聞きました!「ガボールパッチ」と「目」に関するQ&A
・ガボールパッチ・トレーニングの答え
・近視視力を測る遠見視力検査表

   「見本と同じ組み合わせを探そう」「好きなガボールパッチを選んで同じものを探そう」などの指示があり、最初はみな同じように見えるが、よく目を凝らすと微妙に異なる。単純なようで、意外とハマる。簡単に生活の中に取り入れることができるのが魅力のガボールパッチ。「最近、目が疲れるな」と感じる人は取り組んでみてはいかが?


※画像提供:扶桑社


  • 書名 1日1回! 楽しく眺めるだけで目がよくなるガボールパッチ
  • 監修・編集・著者名林田康隆 監修、日比野佐和子 協力
  • 出版社名扶桑社
  • 出版年月日2021年9月15日
  • 定価990円(税込)
  • 判型・ページ数AB判・64ページ
  • ISBN9784594617486

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?