本を知る。本で知る。

愉快痛快! 子どもキャラが活躍するコメディ漫画3選

SPY×FAMILY 1

 子どもには無限の可能性を感じるもの。子どもキャラが活躍する作品には、思わず心動かされてしまう人も多いだろう。そこで今回は、BOOKウォッチ編集部が選んだ「子どもキャラが活躍するコメディ漫画」3作品を紹介する。

心を読む超能力者の少女

画像は『SPY×FAMILY 1』(集英社)
画像は『SPY×FAMILY 1』(集英社)

『SPY×FAMILY』(遠藤達哉 作)

 凄腕スパイ・ロイドが、超能力者の少女・アーニャと殺し屋の女・ヨルと3人で仮初の家族を築き、奇妙な家族生活を送るコメディ。他人に素性がバレないよう奮闘しながら、ミッション達成のために邁進する。

 本作の登場人物のアーニャは、組織の実験体として生み出された超能力者の少女。他人の心を読むことができ、その能力を生かしてたびたび家族の窮地を救う。逆に危機をもたらすこともある。

組長娘は気難しいお年頃

画像は『組長娘と世話係 1』(マイクロマガジン社)
画像は『組長娘と世話係 1』(マイクロマガジン社)

『組長娘と世話係』(つきや 作)

 桜樹組の若頭・霧島透(28)は、組長に「てめえに足りねえのは責任感だ...」と言われ、組長の小学生の娘・八重花の面倒を見ることに。奔放なイケメンヤクザと気難しい年ごろの少女が、四苦八苦しながら新たな日常を送る。

 組長の娘・八重花は、複雑な出自ゆえに当初は自分の願望を表に出さなかったが、徐々に心を開き、子供らしい表情をするようになっていく。ふとした時に見せる喜びの表情が可愛らしい。

大人より大人っぽい4歳の少年

『コタローは1人暮らし』(津村マミ 作)

画像は『コタローは1人暮らし 1』(小学館)
画像は『コタローは1人暮らし 1』(小学館)

 4月にテレビドラマが放送された人気作。妙に大人びた4歳の少年・コタローが、古びたアパートで一人暮らしするお話。隣人たちとともに笑いあり涙ありの生活を送っていく。

 コタローは4歳とは思えないほどしっかりした行動をとる。引っ越し当初には、誰に言われるでもなく、ティッシュを隣人に配るほど。ときおり見せる年相応の表情も良い。


   
  • 書名 SPY×FAMILY 1
  • 監修・編集・著者名遠藤達哉 作
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2019年7月 4日
  • 定価582円(税込)
  • 判型・ページ数新書判・212ページ
  • ISBN9784088820118

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?