本を知る。本で知る。

萩尾望都『ポーの一族』最新作『秘密の花園』連載再開

月刊flowers 6月号

 萩尾望都さんの代表作『ポーの一族』シリーズの最新作『ポーの一族 秘密の花園』が、4月28日発売の「月刊flowers」6月号(小学館)から連載を再開した。

 同作は、約40年前に完結した『ポーの一族』に収録されている有名なエピソード「ランプトンは語る」に繋がる作品。昨年に連載を休止していた。

 物語は、二人きりの旅の途中、眠り続けるアランを守るために、エドガーがある貴族を訪ねる場面から始まる。今号では、エドガーをモデルにして絵を描くアーサーの過去を知る人物の訪れによって、物語が大きく動き出す。

 連載再開を記念し、今号の付録は『秘密の花園』コミックス1巻のカバーイラストを使用したA5クリアファイルとなっている。

写真は「月刊flowers」6月号A5クリアファイル(提供:小学館)
写真は「月刊flowers」6月号A5クリアファイル(提供:小学館)

 BOOKウォッチでは、4月に発売された萩尾さんのエッセイ『一度きりの大泉の話』(河出書房新社)も取り上げている。


※画像提供:小学館
BOOKウォッチ編集部

 
  • 書名 月刊flowers 6月号
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2021年4月28日
  • 定価特別定価650円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?