本を知る。本で知る。

「国宝 鳥獣戯画のすべて」をもっと楽しむための3冊!

カラー版 鳥獣戯画の世界

 東京国立博物館で特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」が開催中だ。

 「鳥獣戯画」は、擬人化された動物たちや市井の人々の営みを描いた絵巻物。教科書などで取り上げられることも多く、非常に人気が高い。

 現在開催中の特別展では、国宝指定されている鳥獣戯画の甲・乙・丙・丁全4巻の全場面を、史上初めて公開している。開催期間は5月30日まで。事前予約制。

 BOOKウォッチでは、特別展をもっと楽しむための書籍をいくつか紹介している。『カラー版 鳥獣戯画の世界』『決定版 鳥獣戯画のすべて』『鳥獣戯画 暮らし上手の収納ポーチBOOK』(いずれも宝島社)などを紹介済みだ。

 とくに『カラー版 鳥獣戯画の世界』を読むと、実は作者が複数人いることなど、鳥獣戯画にまつわる様々な意外な事実を知ることができる。

 既に行った人であっても、これらを読んでから再度観覧すると、新たな発見があるだろう。


  • 書名 カラー版 鳥獣戯画の世界
  • 監修・編集・著者名上野憲示 監修
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2021年3月24日
  • 定価1298円(税込)
  • 判型・ページ数新書判・221ページ
  • ISBN9784299005021

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

イベントの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?