読むべき本、見逃していない?

まわりの「繊細さん」にイライラ...→つき合い方にはコツが!

「悩みすぎる」人のトリセツ

 「『繊細』『イライラ』『気にしい』は伝染する。つき合い方を変えるだけでお互い快適に!」――。

 臨床件数9万件超の心理カウンセラー・大嶋信頼さんの著書『「悩みすぎる」人のトリセツ――あなたとまわりの不安を一瞬で0にする』(秀和システム)は、「悩みすぎる人」と「悩みすぎる人に悩んでいる人」のための本。

 悩んでいる本人だけでなく、悩んでいる人の取り扱いに悩んでいる人、両者の視点から書かれているところが新しい。

 「普通の人は、相手が悩みすぎる人だと気がつかないうちに巻き込まれて、いつの間にか相手の影響を受け、自分が『悩みすぎる人』になってしまうのでしょう。(中略)『悩みすぎるのはあなたのせいじゃなくて、あの人に影響を受けただけなんですよ!』と教えてあげたい」

自分を解放する

 海外に比べて日本はカウンセリングを受けることへの敷居が高いという。そのため、悩みすぎる人は親切な人や優しい人に対して、カウンセラーにするような相談を「軽い感じで」するのだとか。

 一見たいしたことのない悩みでも、「悩みすぎる人の威力はものすごい」。いまの日本人は「誰もがカウンセラーの技術を身につけておいたほうがいいのでは?」と、大嶋さんは考えている。

 本書を読み進めていくと、「自分は悩みすぎていたんだ!」と気づく。それは、ここにあるカウンセリングのテクニックがいつの間にか自分のものとなり、「悩みすぎる自分」から自分を解放していくからだという。

 「悩みすぎる人から解放されることで、自分もまわりも、どんどん悩みから解放されて自由になり、自分らしく生きられるようになります」

 本書の目次は以下のとおり。「行列や人混みが苦手! 苦手になってきた!」「テレビやネットに不安をあおられないために」など、withコロナ時代ならではの悩みも出てくる。

■目次
 序章 まわりが「不安」であふれていませんか?
 第1章 心配事の大半は頭の中でしか起こらない
 第2章 人間関係の悩みを解決する「意外なヒント」
 第3章 悩みすぎる隣人を救うことで自分も救われる
 第4章 職場の「不機嫌」が一瞬でなくなる考え方
 第5章 あなたのストレス源を活用して楽しく生きる

ストレス耐性=危険のセンサー

 ここでは「『ストレス耐性が低い人』を励まさない」を紹介しよう。なぜ励まさないのか。それは、ストレス耐性が低いことが役立つ面もあるからだという。

 ストレス耐性が低い人は、ものすごく慎重で危険な場所には近づかない。間違って近づいたとしても一目散に逃げ出す。つまり、ストレス耐性=危険のセンサーになっているというのだ。

 「身近にストレス耐性が低い人がいて、ストレスに反応していたら『あ! この人は危険を回避しているんだな』と、温かい目で見てあげる必要があります」

 それでもストレス耐性を高めたいときの特効薬は、「自分に対しての期待値を外してしまう」こと。

 たとえば注射の場合、「痛みに耐えなければ!」というのが自分に対する期待の高さ。このハードルが高いほど、「越えられないかも」という不安が襲ってくる。

 「『期待値を外す』ということは『自分に対して期待をしない』ということではなく、『自分がストレスに対して、どんな反応をするのかわからない』とすることです」

生理的に嫌いな相手は「財産」

 春は出会いの季節。いまこそ心にとめておきたいのが、「生理的に嫌いな人は『あなたの財産』になる」。

 実際、生理的に嫌いな人が原因で転職するケースは多いという。それはつまり、「転職を選択させるほど、生理的に合わない相手はかなりすごい人」ということでもある。

 「相手と接触するだけで、ものすごく不快な想像が働いてしまい『この人と一緒にいるのが嫌~!』となるぐらいってすごい威力。この想像力が『決断力』『行動力』そして『意欲』の元になっています」

 生理的に嫌いな人から窮地に追い込まれるほど「想像力アップ」。おかげで「自分がバージョンアップされてすごいことになる」と思ってみると、「不快感を与えてくれる相手に『ご馳走様です!』と、感謝したくなるのかもしれません」――。

 肩の力が抜けるほど、逆転の発想かつ究極のプラス思考である。いまストレスフルな環境に身を置いてがんじがらめになっている人に、本書は特に効果を発揮する一冊かもしれない。


■大嶋信頼さんプロフィール

 心理カウンセラー。株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役。米国・アズベリー大学心理学部心理学科卒業。ブリーフ・セラピーのFAP療法(Free from Anxiety Program)を開発し、トラウマのみならず多くの症例を治療している。アルコール依存症専門病院・周愛利田クリニックに勤務するかたわら、東京都精神医学総合研究所の研修生、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室非常勤職員として、依存症に関する対応を学ぶ。同室室長を経て、株式会社アイエフエフ代表取締役を務めた。



 


  • 書名 「悩みすぎる」人のトリセツ
  • サブタイトルあなたとまわりの不安を一瞬で0にする
  • 監修・編集・著者名大嶋 信頼 著
  • 出版社名秀和システム
  • 出版年月日2021年3月10日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・224ページ
  • ISBN9784798062945

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?