読むべき本、見逃していない?

繊細っ子や発達障害にも。子どもの自己肯定感を高める「声かけ」スキル

AERA with Kids 2021年春号

 昨年春の一斉休校以来、学校の様子も一変した。マスクをつけた授業におしゃべり禁止の給食、学校行事の中止。子どもたちは不安やストレスを抱えたまま、進級や進学を迎えようとしている。そんなわが子にどう接すればよいのか、自己肯定感を育むにはどうすればよいのか、親も悩みは尽きない。

 2021年3月5日に発売された『AERA with Kids春号』(朝日新聞出版)では、最新の教育メソッドに基づいた「ほめ方」「叱り方」を詳しく紹介する。また、「ほめ方・叱り方アップデート術」も掲載。

 さらに、ADHD、ASD、LD、ギフテッドなど「特性がある子」への上手な対応や声かけや、最近よく聞くようになった「繊細っ子」(HSC)についても特集。子ども自身も親もラクになれるアドバイスが満載だ。

20210307_AERA with Kids2.jpg
特性のある子への声かけはなかなか難しい場面も(画像/朝日新聞出版)

 巻頭インタビューは小学生から社会人まで3人の子どもの母親である内田也哉子さんだ。個性的すぎる樹木希林さんの子育てについても語られている。

 他には下記についても特集されている。春からの進級や進学にピッタリの内容だ。

3年生からの理科・社会
記憶力アップトレーニング
「自立心」を育む 寮のある学校
校医の先生に聞いた 定期健康診断徹底ガイド
時代を超えて愛される本 81冊

 子どもの個性を生かし、自己肯定感を高める「声かけ」は難しい。わが子との向き合い方に悩んでいる方は、手にとってみてはいかがだろうか。

※画像提供:朝日新聞出版

  • 書名 AERA with Kids 2021年春号
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2021年3月 5日
  • 定価本体998円+税

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?