読むべき本、見逃していない?

レトロで可愛い「純喫茶ぺんてる」がポーチになって帰ってきた!

純喫茶ぺんてるへようこそ。じゃばらポーチBOOK

   老舗文具メーカーの「ぺんてる」が手がける「純喫茶ぺんてる」は、約3万8000人が集った「文具女子博2019」で大好評だった限定企画。 ぺんてるらしく、ストローに見立てたペンの刺さったクリームソーダ柄がレトロで可愛いとSNSで話題になった。そんな会場限定デザインが「じゃばらポーチ」になって帰ってきた。

S__196460551.jpg
画像は「純喫茶ぺんてるへようこそ。じゃばらポーチBOOK」(宝島社)の付録(撮影:BOOKウォッチ編集部) 以下同じ

   「純喫茶ぺんてる」付録シリーズ第一弾は、2020年6月30日に発売された『純喫茶ぺんてるへようこそ』(宝島社)。以前、BOOKウォッチでも取り上げたが、落ち着いたエメラルドブルーカラーで、文具やハサミ、定規に付箋までたっぷり収納できるフラットペンケースが人気を博した。

   そして今回、第二弾として「純喫茶ぺんてるへようこそ。じゃばらポーチBOOK」(宝島社)が2020年12月16日に発売された。

   じゃばら仕様なので、お気に入りの文房具から、おやつに、リップまで、たっぷり入ってすぐに取り出せる。また、今の時期、除菌シート、替えのマスクなど衛生グッズを入れて持ち歩くのもGOOD。

S__196460554.jpg
画像は「じゃばらポーチ」を開いた様子(撮影:BOOKウォッチ編集部)

   「じゃばらポーチ」のおすすめポイントは、たくさんのポケットがあること。中身の見えるメッシュポケットや、細々した文具やクリップ、小銭を入れるのにぴったりなミニポケット、A5サイズのノートやタブレットも収納可能な大き目のポケットもある。

S__196460549.jpg
画像は「じゃばらポーチ」のロゴ&クリームソーダ柄の引き手(撮影:BOOKウォッチ編集部)

   また、本誌では、ぺんてるの最新文房具事情や開発秘話のほか、キラキラの筆ペン「デュアルメタリックブラッシュ」を使ったおしゃれな文字の書き方、バースデーカードの書き方など、文具好きにはたまらない情報を紹介している。

   "純喫茶"は、昭和レトロな雰囲気に包まれたホッと一息つける場所。毎日通いたくなるような居心地の良さは、ぺんてるの文具にも共有点があるといえる。

   レトロ文具好きなら、要チェックだ。

S__196444176.jpg
画像は「純喫茶ぺんてるへようこそ。じゃばらポーチBOOK」(宝島社)の表紙 (撮影:BOOKウォッチ編集部)


※画像撮影:BOOKウォッチ編集部

  • 書名 純喫茶ぺんてるへようこそ。じゃばらポーチBOOK
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2020年12月16日
  • 定価1,890円 (税込:2,079円)
  • 判型・ページ数大型本 : 16ページ
  • ISBN9784299011350

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?