本を知る。本で知る。

サライ特製おせちが美味しそう 12月号付録は2021年「花鳥画」カレンダー

 小学館は、2020年11月9日に雑誌「サライ」12月号を発売した。メイン特集は、『家呑みの醍醐味』で、達人たちにその極意を聞いている。

画像は、「サライ」2020年12月号(小学館)
画像は、「サライ」2020年12月号(小学館)

 居酒屋探訪家の太田和彦さんを筆頭に、俳優の角野卓造さん、発酵学者で文筆家の小泉武夫さん、エッセイストの森まゆみさん、作家の角田光代さんら5人の"達人"が登場。

画像は、メイン特集『家呑みの醍醐味』より
画像は、メイン特集『家呑みの醍醐味』より

 太田さんの酒器コレクションや、角野さんのデパ地下で肴を調達するエピソード、書斎で干し納豆やくさやなど、くささが際立つ発酵食品をお供に独酌を楽しむ小泉さんなど、個性豊かなお酒の楽しみ方は読むだけで、のどが渇いてくる。

 全国からお取り寄せできる、酒の肴の紹介コーナーもあり、年末年始にゆっくり家呑みをしようと考えているのなら、参考にしては。

画像は、特別付録「サライ」特製カレンダー
画像は、特別付録「サライ」特製カレンダー

 誌面では、幕末から明治、大正を生きた知られざる花鳥画の天才・渡辺省亭(わたなべ・せいてい)の特集もある。「ポスト若冲」の一番手と目される、その生涯と作品の魅力を解説。付録は、渡辺省亭による美しい「花鳥画」12作品を収録した、サライのオリジナルカレンダー。飾るだけで、部屋が明るくなりそうだ。

「サライのおせち」
「サライのおせち」

 また、「サライ」では、創刊30周年記念として昨年誕生した「サライのおせち」を今年も販売する。「世代を問わず、家族みんなで楽しみたい」という声にこたえ、弐の重に洋風仕立てのメニューを揃えた。日本の食文化に精通したサライプロデュースの三段重。4人前で価格は2万7,000円(税込み)。申し込みは2020年12月20日まで。詳細はサライのお取り寄せウェブサイトで確認できる。

※画像提供:小学館

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?