読むべき本、見逃していない?

電動ブレンダー&ホイッパーの2本が付いて990円! DIME12月号のコスパがすごい

 毎号、豪華な付録で驚かせてくれる小学館の雑誌「DIME」だが、2020年10月16日に発売した12月号も期待を裏切らない豪華さだ。粉や液体をしっかり混ぜられる「電動ブレンダー」とクリーミーな泡が立つ「電動ホイッパー」の2本セットで990円とコスパが良い。

画像は、「DIME」2020年12月号の付録
画像は、「DIME」2020年12月号の付録
左が電動ブレンダー、右は電動ホイッパー
左が電動ブレンダー、右は電動ホイッパー

 上の写真の左が電動ブレンダー。先端が高速で回転し、撹拌するパワーも強い。右の電動ホイッパーはY字の先でまろやかな泡を作ることができる。いずれも別売りの単三電池2本が必要。

 今、話題のダルゴナコーヒーや究極の卵かけごはん、カフェラテ、バターコーヒーなどがおうちで楽しめる。

DIME202012G_sub4.jpg
電動ブレンダーで作ったダルゴナコーヒー

 ダルゴナコーヒーは、インスタントコーヒーの粉、砂糖、湯を容器に入れて、電動ブレンダーでかき混ぜる。しっかりと泡立てた後、ミルクにのせれば完成。

DIME202012G_sub10.jpg
電動ホイッパーでメレンゲを作った究極の卵かけごはん

 究極の卵かけごはんは、黄身と卵白に分けた後、卵白を電動ホイッパーで撹拌。ふわふわのメレンゲになったら、ごはんにのせて、黄身をトッピングすればOKだ。卵のうまみを十分に味わえるひと手間。ぜひ試してほしい。

和食に合う醤油の泡ソース
和食に合う醤油の泡ソース

 また、手作りドレッシングや泡ソースづくりなど、料理のアレンジにも活躍する。泡ソースは湯で溶かしたゼラチン(1g)を醤油に入れて電動ブレンダーで混ぜるときめの細かい泡状のソースになり、和食のお供に新触感が楽しめる。

画像は、「DIME」2020年12月号
画像は、「DIME」2020年12月号

 誌面の特集は、「ポイ活 勝利の方程式」と題し、コロナ禍で減った収入を日々のチリツモで効率良く取り戻すヒントを徹底解説する。また、家で食事をすることが増えたいまこそ知りたい「本当に使えるキッチン家電全29台徹底比較」や、新しいアイテムの発表で注目が高まる「アップル新製品徹底解剖!」の記事もチェックしておきたい。


※画像提供:小学館

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?