読むべき本、見逃していない?

タレって市販で済ませてるでしょ? 黄金比率でもっとおいしくなる!

 「もうひとつ何か、味が足りない」
 「毎回、少し味が変わってしまう」

 そんな悩みをもっている人は、案外多いのではないだろうか。せっかくの良い食材も、味付けがうまくいかないと台なしに......。

画像は、『黄金比率の合わせダレでラクうまごはん148』(扶桑社)
画像は、『黄金比率の合わせダレでラクうまごはん148』(扶桑社)

 料理で最も重要な「味付け」を制する、『黄金比率の合わせダレでラクうまごはん148』(扶桑社)が発売中だ。味付けの黄金比率で配合した、しっかり味が決まる21の合わせダレを紹介する。

画像は、『黄金比率の合わせダレでラクうまごはん148』(扶桑社)より(以下、同じ)
画像は、『黄金比率の合わせダレでラクうまごはん148』(扶桑社)より(以下、同じ)

 タレは市販のもので済ませがちだが、本書のタレを作り置きさえしておけば、時間をかけずに毎回おいしい料理に仕上がるという。

 基本のたれの一つ、「甘辛しょうゆダレ」は和風レシピならほとんどカバーできるという優れもの。作り方は、みりん・酒を各カップ1、しょうゆカップ2、砂糖大さじ3、こんぶ10センチを鍋に入れて中火にかけ、沸騰したら花ガツオ30グラムを加えて火を止める。フタをして20~30分ほどおいて粗熱がとれたらザルでこせば出来上がり。4カップ分できるので、毎日の料理に使える。

 使いこなすうちに料理の幅が広がり、主菜から副菜、ご飯から麺まで、和洋中あらゆるジャンルの料理が作れてしまう「黄金比率の合わせダレ」。ぜひ作り方をマスターしたい。

和洋中の料理を網羅
和洋中の料理を網羅

 本書の目次は、以下の通り。

PART1 基本のタレ7
PART2 野菜たっぷりのタレ
PART3 市販の調味料でつくるおかず
特別付録 つくりおき合わせダレでつくるクイックパスタ

 21の合わせダレと148のレシピを網羅したこの1冊があれば、料理のレパートリーがぐんと広がること請け合いだ。


※画像提供:扶桑社

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?