読むべき本、見逃していない?

10月中旬には押し麦とりんごを食べよう! 季節ごとの不調を改善するためのレシピ

 この頃の急激な気温の変化で、体調を崩してしまったという人もいるのではないだろうか。季節の変化に心と体が追い付かず、ちょっとした不調を感じる人は多いはずだ。

 そんな人にピッタリな書籍が、学研プラスより発売されている『七十二候の食薬レシピ』。季節ごとに心と体に起こりがちな不調と、それを改善するための食事を紹介する書籍だ。

写真は、『七十二候の食薬レシピ』(学研プラス)
写真は、『七十二候の食薬レシピ』(学研プラス)

 本書のタイトルにある「食薬」とは、普段から口にする食材が薬のように不調に働きかける効能を持っているという考え方のこと。本書では、時季ごとの体に起こりがちな不調とともに、この考え方に基づいた不調改善のための食事を紹介している。

 例えば、毎年10/13~17前後は「菊花開(きくのはなひらく)」と呼ばれる、腸のはたらきが弱まりがちな時季なのだそう。この対策には押し麦とりんごが良いという。本書では、この2品を活用した「りんごと押し麦、鶏もも肉のワイン蒸し」のレシピを紹介している。

写真は、「りんごと押し麦、鶏もも肉のワイン蒸し」のページ(提供:学研プラス)
写真は、「りんごと押し麦、鶏もも肉のワイン蒸し」のページ(提供:学研プラス)

 また、12/27~31前後は「麋角解(さわしかのつのおつる)」と呼ばれる、気力が減退してしまうこともある時季だという。予防のためには、にらとぶりでエネルギーをチャージすると良いそうだ。本書では、この2品を活用した「ぶりしゃぶ鍋 にらダレ添え」のレシピも紹介している。

写真は、「ぶりしゃぶ鍋 にらダレ添え」のページ(提供:学研プラス)
写真は、「ぶりしゃぶ鍋 にらダレ添え」のページ(提供:学研プラス)

 本書を活用して、季節の変わり目を上手に乗り切ろう。

※画像提供:学研ホールディングス
BOOKウォッチ編集部

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?