本を知る。本で知る。

部屋干し3時間で乾くシャツ! 下半期に売れるものを大調査

 「ニューノーマル」。コロナ禍をきっかけに、メディアで多く見かけるようになった言葉だ。生活スタイルや働き方に大きな変化があったことで、消費者に注目される「欲しいモノ」にも新しいトレンドが吹き込んでいるようである。

画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)通常号
画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)通常号

 2020年9月9日に発売された「MonoMax(モノマックス)」10月号(宝島社)の巻頭特集は、「下半期に売れるモノ2020大調査!」。着心地の進化や、再注目され始めているサブスクサービスなど、ニューノーマルな生活の新たなトレンドを追う。

 中でも、在宅ワークなどで重宝しそうな機能性重視の服に注目が集まっているとか。その1つが、「シグ フリークス ストア」の「3時間で乾くシャツ」。SNSで問い合わせが殺到し、完売が予想されているそう。

 名前のとおり、たった3時間の部屋干しで乾く、超機能素材を採用している。心地よい肌触りとヘビーユースを意識しており、UVカットも備わっているのは嬉しい。さらに、袖下にマチが付いた「ピボットスリーブ」を採用しているため、腕の上げ下げに窮屈感がなく動きやすい。ストレッチ性も十分で、ストレスフリーな着心地を体感できる。

 一方、定額でサービスを一定期間利用できる「サブスク」。本誌では、映画や音楽などのメディア系サブスクが定着した今、高機能家電や家具のサブスクサービスがさらに拡充されると予想している。

 たしかに、家具家電はまさにピンキリ。値が張るものは頻繁に買い替えるのも難しく、購入するには強い決心が必要だ。そのような商品は、購入価格よりかなり安い値段で、一定期間、自宅でおためししたいという人はかなり多いだろう。

 本誌では、その1つとして、アイロボットの「ロボットスマートプラン+」を紹介している。ロボット掃除機の中でも人気の「ルンバ」や「ブラーバ」を、お手頃価格で使えるサービスだ。2週間限定の「おためし2週間コース」(1,800円~)と、3年保証の付いた「あんしん継続コース」(980円~)から選べる。サービスの発表後は注文が殺到し、担当者によると「びっくりするほど解約率が低い」とのこと。これは試してみる価値がありそうだ。

通常号の付録はイタリア・オロビアンコのポーチ3個セット

画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)
画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)

 通常号の付録は、「オロビアンコ 上質ポーチ3個セット」。イタリア発のバッグブランド「オロビアンコ」のポーチが、大・中・小の3種付いてくるという太っ腹ぶりだ。茶やカーキなど落ち着いた色合いで、いずれも日常使いしやすい。

増刊号の付録はナノ・ユニバースのタフなバッグ

画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)
画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)

 セブン-イレブン&セブンネットショッピング限定の増刊号は、「ナノ・ユニバース 3大機能お買い物バッグ」が付録。水を弾くはっ水加工に、内と外の両方に施された抗菌加工、そして耐荷重約30キロのタフ仕様と、普段使いのバッグに付いていてほしい機能がそろっている。

画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)増刊号
画像は、「MonoMax」10月号(宝島社)増刊号

 いずれも実用的な付録なので、用途に合わせて選んでほしい。

※写真撮影:BOOKウォッチ編集部

 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?