本を知る。本で知る。

天海祐希のニューノーマルとは? 大先輩・泉ピン子とのエピソードも

 シンプルなモノトーンの衣装に身を包んだ天海祐希さんが表紙を飾るのは、2020年8月28日に発売された「GLOW」2020年10月号(宝島社)。無駄な装飾が一切ないからこそ、天海さんの凛とした美しさが際立っている。

画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)
画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)

 本誌では、「天海祐希さんの『ニューノーマル』」と題し、春先から激変した環境での、心境の変化を聞いた。コロナ禍をきっかけに天海さんの日常に加わったものの1つが、周囲の人への声かけだという。緊急事態宣言が発令された頃から、家族、友人、仕事先の人たちへ連絡することが増えたそうだ。

 さらに、こんなエピソードも。「連絡してくれて、すごく嬉しかった」と天海さんに言い、かつての共演者である大先輩・泉ピン子さんが、住まいの近くで獲れた海の幸を届けてくれたのだ。

「恐縮したんですが、『こういう時はありがたくもらっておくものよ』と。こんな粋なはからいがサラリとできる大人に、私もなりたいと思いました」

と、天海さんは言う。

 本誌では他にも「私たちのニューノーマルな世界」と題し、長谷川京子さんや安野モヨコさんなど、さまざまな分野のトップレベルで活躍する女性たちに、価値観や生き方の変化、挑戦してみたいことなどをインタビューしている。憧れのあの人たちは、この環境の変化にどう向き合っているのか。1人1人の言葉に耳を傾けたい。

画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)通常版の付録(編集部撮影)。毎日の料理が楽しくなりそう
画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)通常版の付録(編集部撮影)。毎日の料理が楽しくなりそう

 通常版の付録は、「フォション ポケット付き カフェエプロン」。美食ブランド「FAUCHON PARIS」とコラボした、機能的かつスタイリッシュなエプロンだ。シンプルな黒で使いやすく、胸元のロゴがアクセントになっている。

画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)
画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)。それぞれに「HIRO for GLOW」の文字が


 セブン-イレブン&セブンネットショッピング限定の増刊号は、「秒で整う! 魔法の小顔ヘア3点セット」が付録。根元につければ即ふんわりする「魔法のパウダー」、ハネ毛や後れ毛を瞬間接着してくれる「ピタッとマスカラ」、絡んだ髪も瞬時に整い、血行までよくなる「魔術師のブラシ」がセットになっている。

画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)
画像は、「GLOW」2020年10月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)。忙しい朝も瞬時に髪が整うブラシ

「小顔の魔術師」として知られる、ヘアメイクアップアーティストの小田切ヒロさんが監修しており、効果も期待できそうだ。

 いずれの付録も、家で過ごす時間をアップデートしてくれる。日常の時間を充実させつつ、自分なりの「ニューノーマル」を見つけたい。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?