本を知る。本で知る。

気を付けたい「7月病」って!? 必要なのはリモートでの雑談力

画像は、『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
画像は、『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 2019年12月22日に発売された『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、半年で5万部を突破した。外出自粛が本格化した2020年4月以降も版を重ね、リモートワークでのコミュニケーションスキルとしても注目されている。

 新型コロナウイルスの流行により、いつもとは違う状況になったことで気になるのが、5月病ならぬ「7月病」だ。新たな環境に溶け込もうと頑張り、疲れがどっと出ることで知られる5月病。しかし、今年はコロナの影響で、4月に始まるはずの新生活のスタートがずれこんだ。そこで、6月に始まった新たな人間関係に疲れ、燃え尽きてしまうのがちょうど7月頃というわけだ。正式な病名ではないが、放っておくとよくないため注意喚起をする専門家もいる。

 そうならないために、「雑談力」というテクニックに頼って、マイペースで乗り切るという方法もある。本書では、リモートでも対面でも使える、具体的な「雑談力」のテクニックが明快に紹介されている。

画像は、『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より。ポップなイラストですらすら読める
画像は、『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より。ポップなイラストですらすら読める

 たとえば、「あいづちよりもリアクションをがんばる」「雑談は腹八分で切り上げるのがマナー」「イメージがわきやすいよう、具体的に話す」など、読んですぐに試せるものが多い。

画像は、『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より。慣れないリモートによる雑談でも使えるテクニック
画像は、『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より。慣れないリモートによる雑談でも使えるテクニック

 慣れないリモートでの会話でとまどいがちというなら、本書のメソッドを参考にしては。

 心理カウンセラーでもある著者の五百田達成(いおた・たつなり)さんは、以下のようにコメントしている。

「6月から徐々に元のペースで動き始めている日本社会。『画面越しでは会ったけれど、実際に会ったことはない』という相手と初対面を迎える機会も増えていきます。ここからが『雑談力が活かされる本番』とも言えます。ぜひ『超雑談力』をリアルとリモートの両方でお役立てください」

 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?